bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お駄賃頂きました
只今、労働紛争で、ガタガタやっております。今も、依頼目的で、弁護士事務所に相談に行く道すがらです。


昨日、その手の事で、労働基準監督署に行って、帰ろうとしたら、80歳くらい?と思われるご婦人に、声を掛けられました。


道を聞かれたのです。
手書きの地図らしきものをお持ちで、右往左往されていました。

で、私に道をお尋ねになりました。


見ますが、目的地の真ん前でして、何をなさりたいのか、判りません。


ゆっくりお尋ねすると、都道府県の発行する、シルバーパス?みたいな、バス料金が無料になるものの、更新に来たら、証明書類がないから、市役所の出張所で、貰ってきてから、又、更新に来て下さい、と、言われた様子でした。


住民税課税の方と、非課税の方で、発行代金が全く違うようです。


他の方?にも聞いたらしく、手書きの地図があり、取るべき証明書類に丸印がつけてありました。


封筒ごとご持参で、何の書類が必要か、等が、大変解りやすく書かれています。封筒の表書きにも、書類が無ければ、更新出来ません、必ず取ってから来て下さい、と書いてありますが。


80歳を過ぎた様な、1人で来ている老婦人が、何人もおられました。住民税の、課税 非課税証明を取るだけですが。


昔の方々です。三文判だけあれば、どんな書類も取れましたし、役所の事等は、大抵、夫さんがしていて、ご自分は知りません。

なので、顔写真のある公的な身分証明でない場合は、二点確認な事を、ご存じありません。


何しろ、ご自分が、この場所に、シルバーパス発行に必要な、非課税証明を取りに来たのだ、と言う事自体、お分かりでありません。

とても申請書が書けそうにないので、付きっきりで、お世話する事にしました。

夫さんに先立たれている方々だった様子で、他の方々も、本人確認に必要な書類を持参されておらず、出張所の係員の方は、てんやわんやです。


私が申請書を出し、ここに何をお書き下さい、等と、ご指南しました。

窓口に出しますと、どうやらシルバーパス発行の際、本人確認に使うらしく、健康保険証はお持ちでした。

写真ないですからね。
二点確認です。

係員の方が、質問で本人確認を試みました。私はどんな立場か、と聞かれたので、通りすがりの行き掛かり上!と申しますと、当然ですが、プライバシーですから、下がっていて下さい、と言う事になりますよね。

勿論下がりました。
ご婦人、私が消えたので、不安そうにしています。『後で行きますからね!』と、怒鳴って、しばし。


本籍地、市内で転居をされた事があるようで、前の住所、等を質問していました。

昔の方、本籍地知らない方、おいでになります。区画整理や、統廃合等で、場所は同じでも、表示が違う場合もありますし。


どうやら、かなり遠方に本籍地があって、夫さんのご実家とか、そんな場所だった様子です。

本籍地は答えられませんでした。

市内の前の住所も答えられなかった様子です。


係員の方困り果て、診察券一枚あれば良いんだけど、等と話しておいでです。

診察券でも、最近のプラスチックカード式で、医療機関が、印字したもの、でないと、紙に手書きのではダメですから。

多分、説明しても、通じません。

一計を案じまして、係員の方に尋ねました。『通帳でも構いませんか?』『はい。構いませんよ。』


通帳は本人確認した上で、発行されていますから、二点確認の二点目として、使えます。


現在、高齢者の方で、銀行のキャッシュカード、クレジットカード、女性なら、運転免許証、パスポート、等を日常的に、使いこなしている方々は、少ないのかも。

特に一人暮しで、住民税非課税の方々なら、尚更意味が通じません。

住基ネットカードの写真付きなんて知らないでしょうし。


で、ご婦人に説明しました。封筒にも書きました。再訪しないとダメですから、『何日にもう一度来て下さい。この紙=申請書と、保険証と、何でも良いので、通帳を1つ持ってきて下さい。この紙と、保険証と、通帳を、ここの窓口のおじさんに出して下さい。書類を一枚くれます。代金は200円です。書類と、保険証と、封筒=中にシルバーパス?の申込書が入っています と、今使っている、バスの券を持って、さっきのバス券のところに行って下さい。新しいバス券をくれます。代金は1000円です。』



ふう。


封筒にも書いて、全部封筒の中に入れて、『夕方4時で、おしまいです』と、書いて、伝えて。


30分は掛かりましたかね。

高齢者の方々が、様々、理解出来ずに、実現出来なかったり、騙されたりする事が、凄く良く判りました。


で、次回。お1人で行かれて、無事、シルバーパスが1000円で貰えるか、甚だ、心もとないのですが。


非課税証明の申請書を書いて、同じ様に、保険証しかない方々が、何人も順番待ちしていたので、その間に、説明したり、介護屋だと伝えたり。


で、お駄賃1000円頂きまして。


昔の方だなあ〜と感じつつ、辞退しましたが、そうもいきません。有り難く頂戴して、もう一度出直しした時に無事にシルバーパスが1000円で貰えます様に!
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック