bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



労働紛争続きます
職安

自治体の労働相談センター
労働基準監督署

2日で、三ヶ所回り、大体の様子が掴めてきました。

大きく分けて、私の訴えは3つです。


労働条件を明示した、雇用契約書の提示

就業規則の開示

退職に追い込む為の不当な圧迫の停止


で、それには3つの方法を併用しないと無理そうです。

労働条件を明示した、雇用契約書の提示については、明らかに、労働基準法違反でした。
きににやかない査、指導が出来、強制力を持ちます。

就業規則の開示については、一般的に当たり前ですが、労働基準法では、微妙な要素があり、調査は出来るかも知れませんが、指導は無理かも知れません。

労働基準監督署で、強制力はないが、紛争の解決の為の斡旋をしています。

今日は話を聞きに行きたいのですが、精魂尽き果てて、動けないので、これから睡眠薬MAX飲んで寝てみて、考えます。ダメでも明日は行きましょう。

退職に追い込む為の不当な圧迫も、微妙で、解雇する、とは言いませんから、斡旋を利用するかも知れないです。

圧迫については、斡旋不成立の場合、労働問題特化の、弁護士による、民事調停が依頼出来ます。それも利用して、ほとほと憔悴して頂きます。

圧迫については、民事裁判でやるでしょう。

と、ここまで書いて、又眠ってしまい、起きたのが3時間後。


MAXで睡眠薬を飲んだので、ちょっと眠気、だるさがありますが、これから又、労働基準監督署を訪問します。

弁護士さんは、実は過去にお世話になって、今でもお願い出来る方が居ます。

大きな事務所の方なので、どなたか同僚の方をご紹介頂いても良いかな、と思っています。


こんな事は好きでやるものではありません。やむを得ず、どうしようもないので、仕方なくです。


仕事をしながら、役所、弁護士さん等との打合せは、かなり負担が掛かります。
心臓に人口弁が入っている、労働制限がある身がやりたい訳ではありませんが。
泣き寝入りした、過去の職員さん、支援者に十分な権利保証がされていない為に、不利益を被る、知的障害者のご利用者、ご家族、等を思うと、黙って泣き寝入りする気持ちには、どうしてもなれなかったのです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック