bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



行動は早いんです
関係ありませんが、私、法律屋の息子です。きちんとしない事に対する事は、堪忍袋の緒がキレた時点で、本当に素早いです。


紹介してくれた職安には連絡して、様々書類を持参して、説明に行きました。

失業保険の給付窓口にも行きました。今の勤務先では、7月1日〜雇用保険に入れて貰いました。こんないい加減な所だと思いませんでしたからね。


3ヶ月で、雇用保険はおしまいにするそうですから、前職の離職票で貰った方が、ずっとましな金額が貰えます。


猫なで声で、申し訳ないので、最初からなかった事にして下さい、と、電話で伝言しておきました。


労働基準局等を動かすには、絶対退職したらダメなんだそうです。職安で教えて貰いました。


ですから、9月一杯で、雇用保険を事業所は抜くつもりで、10月からは、生活出来ない程、少ない勤務時間にする訳ですね。


訳はまあ、口実です。
いい加減な所を正当に突かれて、煙たくなったと言う事です。


障害がある事や、他の職員さんが、私を気に入らない様子ですから、それも口実にしているみたいですね。

かえすがえすも勿体ない、後ろ髪を引かれるのは、利用者さんの事です。

私が居なければ、皆さんが幸せになれない等とは思いませんよ。


今は良い常勤さんが、平日おいでになります。やり方は、お二人おいでで、お二人とも違いますが、意味ある支援をしておいでです。

私は土日を担当する筈で、9月一杯は致します。その時、一緒になる女性の常勤さんが、私とうまが合わない様です。


細かい洗濯ばさみの話が今は浮上していますが、人間、誰でも好き嫌いはあります。それを人間関係と言いますね。

人間関係で仕事はしない、って、仕事する時の、最低限のルールでしょう。言葉は、私の作業内容が非常識だ、でありますが、茶道ではあるまいし、洗濯ばさみの使い方に、常識も非常識もないと思います。


私がベテランだから、言いにくい=協調性ゼロ、と言うところに、雇用者が使った訳ですね。


私が職安で相談してきた事を、話半分、で聞いて頂くとしましても、黒くはない様ですが、法に引っ掛からない様に権利意識が薄い方か、もしくは、私の様に障害等がなく、幾らでも使える人を雇うのでしょう。

定着率凄く悪い、と聞きましたので、こんな事が原因なのかも知れません。


私を気に入らない職員さんも、経営側なのか、知りませんが、私の勤務先のトップも、代表者に洗脳されてしまっておいでかも知れません。

私を気に入らない職員さんは、完全に利用されていると思います。

勤務先の現場のトップは、洗脳されてしまった印象ですね。労働者の権利を守らずに、誰が仕事をするのでしょう。

利用者第一、職員は後回し。


???


月末迄しらーっと仕事して、出てきた条件で、生活出来ない状態で、契約はしておきます。でないと、労働基準局等の調査が入りません。


泣き寝入りは私はしないんです。


給料が安いのは、気にしません。最重度の身体障害者で、心臓起因、なんて言うのが、使いにくいのは、百も承知です。


何の情報も与えられず、雇用契約の締結もない、条件提示もない、給与明細もない。


今時、これで平気な経営者がいる、とは、驚愕でありました。


これから懲らしめに専念して、失業保険をしばらく頂いて、少し体を休めてから、後の事は考えます。


しばらく労働基準局ブログになるかも知れません。ご容赦下さいね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック