bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



覚めちゃいました
あのまま、すぐ眠ったのですが、身体が痛いと言うか、だるいと言うかで、3時前に覚めちゃいました。


スイッチが入ってしまいがちな方があるのですが、昨夜はうまく行かずに、風呂場で、スイッチが入り、大暴れになりまして、先輩にヘルプを求めようと思ったタイミングで、先輩がうまくスイッチを切って下さいました。

なかなかうまくいかない時もあります。私が疲れるのは良いですが、スイッチ入る方が気の毒と言うか、不具合ですからね。


他にシフト上に困った事が起きて、やむ無く、事業所に、出来ません、不能です、と、ファックスせねばならず、精神的にも負荷がありまして。

今はマッサージ器で、暴れた方から食らった痛みをほぐしています。

もう少しほぐれたら、又寝ますよ。

ハンディのある身での仕事は、時にうまくいかぬ事があります。

うまく出来る時もありますが、様々な事で、大嫌いな風呂に入ると、意図しているのかは判りませんが、スイッチを入れて、ご自分の世界に入り込んでしまわれるのが、常の方です。

施設で長年、染み付いた、防衛本能ですから、支援者のやり方がまずいのです。
昨夜は、風呂に入るとて、自ら風呂場に来られたのですが、表情が見る間に悪くなられ、うまく出来ませんでした。

毎回、色々考えてやるのですが、どこかでミスしているのでしょう。

又、考えてやりましょう。
たかが風呂に入るのに、何十年も毎日施設で暴れまわっていた方が、ある程度静かに入れる様になられていますが、後で振り返ると、あれかな?これかな?と毎回思います。


暴れまわる様になった訳は、プロですから、判ります。判っていても、習慣的にスイッチ入れてしまう様になられて、何十年、と言う方は、暴れなくて大丈夫な事、暴れると結局ご自分が辛い事を実感して頂くのに、苦労します。

私の苦労は構いませんが、ご本人が生活しにくいですからね。


この方、20代前半の方。
学齢期から、親御さんと連絡が取れなくなり、ご兄弟姉妹とも、連絡取れず、家族に捨てられた方なんです。

支援者には、ご家族の住民票等は取る権利がありませんし、親御さん住まいが判ったところで、捨てた息子さんと、これから関係修復するのは、無理でしょうし。


施設に放り込んで、行方をくらます家族も、間違いなく居ます。厄介払いして、せいせいと、健常者の家族だけで、幸せに暮らしているつもりなんでしょうかね。


哀しい事です。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック