bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



警備員さん
警備員さんには、道路の交通整理をする方々がおいでになりますね。


通勤路に、今、道路工事をしている所が幾つかあります。


凄く厄介な場所の工事がありまして。

大きな国道が南北に走っています。東西には、県道の類いですが、まあまあの幅の道路がクランク気味に交わっています。加えて、用水路沿いに、細い市道が始まります。

要するに、五叉路です。


県道と国道の角には、大きなスーパーマーケットがあり、車の出入りが激しいです。

スーパーマーケットの県道を挟んで向かい側は、病院で、駐車場が狭い為、迷っている車があったりします。

県道をクランク気味に、国道を突っ切ってくると、角にスーパーマーケットと、反対側に病院がある訳です。

東から県道をクランク気味に来ると、スーパーマーケットと病院の前は見えません。


で、その病院の真ん前、交差点から県道に西進したばかりの道路が工事中。


誘導の警備員さんは大変です。

特に、西側から、県道を来る車は、クランク気味で、行き止まり的に、T字路になっていますから、左折の車か、右折の車か判断して、左折なら、工事に支障ないので通し、右折の車なら、工事中の所を、片側交互通行にする必要がありますから、信号を見ながら、西側の入り口にいる警備員さんが、見えませんので、中継に交差点の所においでの警備員さんと、やり取りしないとなりません。

そして、県道は30キロ道路ですが、まあまあの幅があるので、40キロ以上で飛ばしてくる車が非常に多いのですね。

私等、空いている道路なのに、後ろにぴったりくっつかれて、煽られる事は常でして、かなりの車は、中央線が黄色なのに、はみ出して、追い越して行きます。
勿論、道路は追い越し禁止ですよ。

追い越して、スピード上げて、カーブに差し掛かる辺りに、西側から県道をくる車の整理をする、警備員さんがいます。

飛ばしてくる車を想定しているのでしょう。工事箇所からは、かなり離れた場所で、整理なさっています。
で、右折か左折か確かめて、左折は流して、右折は片側交互通行にするのです。

良くこんな厄介な交通整理が出来るなあ、と感心しながら、私は右折なので、片側交互通行を待っていましたらね。

厄介な西側の警備員さんの腕章が見えました。

『検定資格者』


なるほど。


こういう厄介な場所でも、スキルのある方がやるんですね。その腕章、初めて見ました。

たまに、ニュース等で、道路誘導ミスで事故が起こった等と報道がある事がありますが、高いスキルを要求される誘導もある訳で、検定試験があるのでしょう。

その腕章をつけた方、実に見事にさばいておいででした。笑顔と挨拶を欠かさずに、法定速度違反、追い越し禁止違反で、やたらと飛ばしてくる車をさばいておられました。


どんな職業も、プロ意識は大切ですよね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック