bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



洗濯してしまいました
財布の洗濯と言うのは、何年かに一度はやるです。札と言うのは、意外に丈夫で、カード類は、プラスチックだから、そんなに被害ないのです。


うまく行くと、財布も無事に済んだりします。


なんで、財布を洗濯してしまうか、と言うと、仕事中にズボンのポケットに入れていて、うっかりそのまま、と言うのが多いのです。

前のホームは、自分の衣服も、利用者さんのものと一緒に洗濯出来ましたし、宿直がまだ出来ましたから、当然、自分の洗濯物も出る訳です。

洗濯する職員と、しない職員さんと居ましたが、私はしてました。利用者さんと一緒に入浴しましたし。

裸のスキンシップですね。利用者さん、親御さんには好評でした。団体も推奨していましたし。

今の勤務先は違います。これは利用者さんが違う、とか、運営方針とかの違いですね。

私は入浴介助が大抵あります。男性のパート職員は少ないから、ですかね。

常勤さんは、別に仕事がおありになります。


入浴介助用に、必ずびしょ濡れなりますから、着替えを持参しています。終わったら、濡れていない物に着替えます。



身体障害者手帳を洗濯してしまいました。中身は、普通の紙に、印刷やら、写真の割り印やら、なんで。


明日、再発行に行って来なくちゃなりません。くたびれていても、有効は有効ですが、使いにくいです。


現物が残っていれば、再発行は簡単なんですが、新しいのが送付されてくるのに、半月くらい掛かります。

家内は精神障害者手帳ですから、3年置きに更新が必要。治ったり、軽くなったりしたら、すぐ返上しろ、と言う差別、と。私は認識しております。

知的と身体は、基本的には更新はないです。
再交付と書かれるけど、まあ、皆さん、たまには洗濯するのではないでしょうか?障害者手帳を。ご自分の?



しないでしょうね。
障害当事者の、自立支援法の、現場の介護屋の方、そんなに沢山おられないでしょうし。


たまたま仕事中の半ズボンに入れてました。入浴介助で濡れるから、自宅で、洗濯しますが、入れたのを忘れて、お洗濯。


家内が嬉しそうに、知らせのメールをくれましたよ。

題名が、悲しいお知らせです、とありました。


今、手元にある証明写真が、かなり写りが悪くて、立派な極道顔なんですよね。

短髪、短い顎髭と、口髭、眼鏡常用ですが、レンズに薄く色を入れています。写真にすると、ややサングラス的に見えます。


手帳の写真は、証明写真である必要はありませんで、サイズだけ、3×4なら構わないのですが、自分の写真って、そうそう撮影しませんでしょう?


当地方、明日は晴れる模様ですので、撮り直ししましょうか。



バカですね〜!
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック