bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ダウン症候群が、血液検査ですぐ判る

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120831-00000169-jij-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120901-00000090-jij-soci


http://www.jdss.or.jp/info/index.html#info19



山ほどリンクを引きましたけれど。


ダウン症候群があるかどうか 等が、お母さんが妊娠10週目迄の、血液検査で、いとも簡単に判る様になったそうです。費用は自費だと思いますので、金持ち向けですか…

様々な先天性の遺伝子異常、先天性の疾患」、障害等は、『確率の問題』です。
精子、卵子の能力が劣ってくると、異常が発生しやすい事はあるでしょう。
でも、中年以降でお子さんが欲しい と思う方もありますし、ある程度の心構えをして、お子さんを授かるのではないかな と思います。

私は結婚が遅かったので、子はおりません。
子のいない人生を選んだんです。

ダウン症候群のある利用者さんは、散々見ていますから、様々な方がいる事は知っています。
中年以降になられると、お身体の年齢が、実年齢よりも、確実に、20歳前後衰えていく とい言う事も知っています。
高齢障害者は高齢健常者よりも、負うべき物が多いかもしれません。


この件に関しては、私は研究者の論文や、賞や、名誉や、自慢の為のエゴイズムだと思っています。
神の領域に踏み込んじゃいけないのは、人間の倫理です。


この診断はもう9月から、実施されているとあります。
どんな方が自費を高額で払っても受けたいか、受けたがるか と考えると。

ふとした好奇心や、安心の為と思って受けたら、染色体異常があります。とただ告げられて、途方に暮れてしまう方。

一切の異常の可能性は徹底的に排除したいと言う様な極端な考えの方。

他にもおいででしょうけれど。


で、ダウン症候群を始め、様々な先天性染色体異常、先天性疾患、先天性障害について、『イメージしか判らない』人がほとんどでしょう と思います。
私だって、この稼業に就く前は、『独特の風貌をした方々がいるな』程度しか判っていませんでした。

これらの研究は、研究者の名誉、好奇心、賞が欲しい、論文発表、学会での称賛等等の為に行われるべきではありませんし、研究そのものがなされてはいけない事だと思います。


この事を知って、これからお子さんを持たれる方が、可能な限りの劣った遺伝子を排除したい と考えておられるなら、以下の文庫本をお勧めします。

『ダウン症の子をもって』 正村公宏著 新潮文庫刊

この本に出てくるダウン症候群を持った方(お子さんですが、今は50代くらいと思います。)の様子を読んで下さい。1960年代くらいのお生まれの方です。
今と違い、一切の支援が存在せず、民間の心ある方々が、必死で支援を繋いでいた頃の話です。

就学免除等と言う美名の下の、学校に通わせない と言う差別がそろそろ終わる頃でしょうか…
1970年には、就学免除は廃止され、全員就学になったと記憶しておりますが…


私も先天性の厄介な心臓病者で、遂に心臓切って、最重度の身体障害者になりました。


じゃあ、こんなに厄介だったら、生まれてこない方が良かったか?


障害がある位で、先天性疾患がある位で、殺されたんじゃたまりません。


私はカソリックの信者ですが、それ以前に、人工妊娠中絶の原因が、親のエゴイズムであってほしくないと思います。
子が欲しくなければ、避妊をきちんとするべきでしょうね。


皆様、染色体異常が胎児が形になる前の受精卵的な状態で判るなら、生命ではないので、調べて、抹殺されますか?
これは、人の感性ですから、受精卵は生命ではないと思う方がいても、間違っている とは思いません。


私はどうも、こんな技術の為に、大金使って欲しくなかったです。


有名人の方が、又は、皇室の方が、胎児に異常があるかどうか調べたら。
マスコミが騒ぎます。
その方の感性が、受精卵は生命ではないから、可能性があるなら、人工妊娠中絶したい と思っても、民衆がごちゃごちゃ言いますので、出来ません。

やっぱりいびつすぎます。

研究データ、きれいに消去して欲しいなぁ…
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック