bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



相棒さん
刑事ドラマの相棒ではなくて、仕事の相棒さんの話です。


相手の方の立場を良く知らない事もありますが、どうも、この方と一緒だと、気が重い、と言う事は、どんな仕事でもありますよね。

私達の仕事にも、コアな専門があります。私の専門は、比較的、やっている団体が少ないですし、まだまだ普及した稼業とは言いにくいところがあります。

介護福祉士の要らない仕事でもあります。規模により、何人かは居ないと、助成金が入らない等ありますから、有って無駄ではありません。

資格だけ有って、経験が浅い方は、即戦力にはなりにくいかも。


ちょっと不思議な方が、支援者の同僚の方に、いらっしゃいます。

経験で付く、加算金の様なものがあるんです。お出掛けの付き添いをする時に、加算が付く支援者が付き添いすると、ある種の加算付きの利用者さんが対象だった時に、事業所に、国からかな?加算手当てが入ります。


実務経験だと、知的障害者の方の仕事、自立支援法の仕事を、3年以上やっている支援者が付いた時に、加算手当てが付く利用者さん、と言う方々がおいでになるんです。


行動援護、と言うサービスが付いている利用者さんの場合に、加算手当てが付くのです。


私は15年近くやっていますから、行動援護加算付き、の支援者です。相棒さんも、加算付きだと言う事なのですが。


その割りには、どうも、仕事の仕方と言うか、根本が何か違うのですね。


行動援護加算って、要するに、一応は何でもこなせるベテランに付いている事が多いのですが、ベテランと言う程、私の専門の仕事に実力が有るように、見えなくて。


お出掛けの付き添いを、移動支援、と言いますが、それだけしかやって居なかったのかなあ〜と感じるんです。


で、どうも、噛み合わないのですね。やりにくいです。


今の職場は、ホームの中で仕事をしているよりも、お出掛けの付き添いの方が、遥かに時給が良いです。


が。ホームの暮らしを支えるのが私にとっては専門で、誇りを持って私は仕事をしております。

お出掛けの付き添いも大切な事ですよ。その支援者の方は、お出掛けの付き添いは、気楽で、時給が良く、ホームの中でばかり仕事をしていては、稼げない、が、心情の様です。


お出掛けの付き添い、勿論出来ますが、ホームの中の仕事は、安くて、手間が掛かり、仕事として、不具合だと考えている、等、良く忠告して下さるのですが、ホームの生活の仕事を、生業としてきた私には、生活を支える支援がうまく出来ないのに、何でそんなに、自信たっぷりなのかなあ?、と、かなり不思議だったりします。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック