bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



タイミング悪い事
今日は職場で、試用期間が2ヶ月程経ったので、面談と言う事で、色々お話をしました。


どんな仕事でもそうですが、人により、理念、やり方は、千差万別ですね。

私にも私の信念、理念と、やり方があります。どなたにも同じやり方で、と言う意味ではありませんけれど、地域で当たり前に暮らす、とは、どういう事か、と言う事に、私なりの信念、理念がある訳です。


やや方向性が違う支援者の方々も、今の職場には、勿論、おいでです。当たり前ですね。


折角施設から、地域生活に移行なさったのに、施設生活で、身に付いてしまった悪しき習慣の下でしか暮らせない方々がおいでになります。


その方々が、心地よく笑顔で暮らす為には、悪しき習慣を保ってあげれば良いのか、と言う点について、支援者皆様、苦慮されているのは判るのです。


初めてケアホームに住まわれた方々が、本当の意味で、ご自分らしく、笑顔で暮らすには、長い時間が掛かります。


その将来の展望が見えないんです。



面談しながら、こちらのホームは、その場しのぎで、各々の利用者さんについて、展望、将来設計が見えません、とは、言えませんよね。新入りなんですから。しかもパートです。



なんて、やや不協和音がありつつ、話をまとめて頂き、今日は入浴介助をしましたら。


あなたは、この方と、あの方が苦手ですね、要するに下手ですよ、と言われた、まさに、この方が、入浴中、大パニックを起こされまして。


タイミングが良すぎます(^^)v。私は、焦ったり、驚いたりはしませんが、どうにも治まりません。


その方が、凄まじかったので、良い様子でおられた、別の、あの方、が、連載反応的に、見事にドタバタ始まりました。



出来たばかりのホームは、そういうものでもあります。それをどう落ち着けるか、が、支援者の役目です。

自慢する訳ではありませんが、たった1つですが、ケアホーム1つ、軌道に乗せています。散々色々ありましたけれど。


その経験から考えると、その場の利用者さんの笑顔も、勿論大切なのですが、将来設計が一番大切なんですよね。


そこがはっきりしてくるには、まだまだ時間が掛かります。

悪しき習慣等を満たす事で、その場得られる笑顔に拘ってはいけない、と、私は思います。


その辺りですかね。



この方、と、あの方、は、まだ20代半ばです。施設で、とにかく厄介者になっていて、支援者さんが、恐る恐る対応しているうちに、その場しのぎの悪習で、満足感を得てしまっている訳です。


それはね〜。

団体さんの方針等がありますから、如何ともし難いのですが。


一度、爆裂的に、ぶち壊す事も必要なんですよね。一時的に、対象の利用者さんが、大騒ぎになったとしても。


そこらのやり方は、支援者ごとに違います。違うのが正解です。


今のホームでは、主体的にしておいでの常勤さんが、二人おいでですが、タイプが全然違います。

違うのは構わないのですが、悪しき習慣を利用して、その場の平穏を確保する方法を使っておいでの方がありましてね。


判りやすいので、利用者さんが、やや流されている感じがします。


その方法を取らない方は、私の考えに近いのですが、残念ながら、その方の様に、うまくはなかなかいきません。


設立が5月で、最後の方は、7月に、入居された所ですから。


今だけを見られても、私は困るのですが、そういう困るタイミングの時に限って、あり得ない様な、大パニック起こしちゃう方が出たりするものです。


時間が掛かるんです。
私についても、時間が掛かる事を、少し認識して貰えると嬉しいかなあ。


まずは、個別支援計画が、担当者によって、しっかり作られて、ご利用者ニーズと、ご利用者さんは、やりたくないかも知れないけれど、これからの為に必要な事が、はっきりして、確実に実行されていくのが、たぶん必要ですね。


専任の世話人さんの役目が、世話人さんではなく、コーディネーターさんになっているのも、ちょっと、?と思ってます。



その団体さん、ホームの中で、私は何をすべきか、が、見えないところが、一番厄介です。


こういう事は、とにかく時間を掛けないとダメでしょう。


勿論、私も、時間をかけて、私が構築してきたノウハウを、活かせるようにしないといけませんね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック