bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



塩梅って難しいですね
今のホームの利用者さんは、施設を出て、ごく僅かの期間しか経っていませんが。


支援者慣れをしていますから、支援者ごとに、無意識か、意識的か、解りませんが、反応を変えています。
それは如実に判ります。

土日は、たった1人の時も良くあります。常勤の方は、ガイドヘルプに行かれている、等ですね。

でも、ずっと1人と言う事は無いのです。システム上、二人は居ないと回らないホームですから。


当然、相棒になる方がある訳です。常勤の方の時もありますし、同じパートの方の時もあります。

利用者さんは、その組み合わせも見ています。灰汁の強い方の人、長い人、常勤さんで、宿直をする人等を中心に見ている様な気がします。

今日、少しの時間、ご一緒した、常勤の方は、ちょっと灰汁があります。介護屋は、長くやっていれば、灰汁が無い方が少ないです。私にも私風の灰汁がありますよ。

ご一緒した方の灰汁と、私の灰汁は、かなり風合いが違います。違って良いのです。同じ反応をする支援者としか暮らせなかったら、利用者さん、人生狭くなってしまいますからね。


その方は常勤の方で、影響力も強く、ご自身に大変自信を持った方です。


ある利用者さんが、その常勤の方が帰られてから、不穏と言いますか、おかしくなりました。


判りませんが、その支援者の常勤の方のやり方で、その後の支援が続く、と、思われたのかな?と、思います。


塩梅がうまくいかなかったのですね。


で、代表さんの息子さんが、土日は手伝いに来て下さいます。昨日も本日も来て下さいました。その方は、まあ、学生さんのアルバイトさんですが、その方なりのやり方がありますね。


結局、そのアルバイトの方に交代して頂きました。その方が、利用者さんが、納得なさいそうな感じだったからです。



重度の知的障害のある方、専門の、住まいに関する仕事の介護屋です。


1つ、心掛けている事があります。


慣れない所で程、利用者さんとの口約束を守る事、です。変更せざるを得ない時は、タイミングを判りやすくして、本人さんに説明して、了解して頂いてから、にしています。


小さな事ですよ。
私と歯磨きをしましょう、と言ったら、必ず私が支援に付くと言う様な、誰がしても良い事程、お約束は守ります。


とは言え、相棒同士の、利用者さんに与える雰囲気がある訳でして。

そこをうまくやるのは、実に難しいものです。


特に今のホームの利用者さんは、自分を的確に伝える事に慣れておられないので、利用者さんが予想したり、確信していたりした事の宛てが外れたりすると、いとも簡単に、不穏な状態になってしまわれる方々もおいでです。


何らかの形で、その方なりの自己表現が出来る方々の支援をしてきたのと、施設入所が長期間だった方々への支援には、利用者さんが的確な表現力をお持ちで無いため、おかしな事が起こったりします。


毎回、考えながらの模索中。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック