bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



絆創膏
今はいろいろありますよね。

昔風なら、カットバン、サビオなんかでしょうか。メジャーなら、バンドエイド等。

最近なら、キズパワーパッドなんかもありますね。

消毒薬付きの、ニッコーバンなんかも、ここらでは見掛けます。


どうしても、利用者さんから、受創してしまいます。引っ掻き傷ですから、普通の方なら、なんと言う事はないのでしょうが。

運の悪い事に、ワーファリン常用者です。出血リスク、感染リスクが高過ぎます。

ついでに、アレルギー体質ですから、絆創膏にかぶれてしまうのです。


仕事中は、何らかの方法で、保護しておかないと、受創した上から、又引っ掻かれたのでは、目も当てられません。

利用者さんに引っ掻かれる時って、利用者さんは、私を排除しようとしていますから、効果的に攻撃する術を身に付けておられます。

単純なケースでも、爪を立てて、大抵は立てた爪を捩じ込みます。更には、叩いたり、腕等を捻ったり、と、まさしく戦闘体制になっておいでです。

露出している首筋等を、勢い良くしゃくる方もあります。

とね。

傷口は、シャープじゃないんです。凶器?は爪ですから、黴菌満載です。


本当にどうしようか、困ってしまう時もあるんです。そのまま、入浴介助等して、違う方がスイッチ入ると、厄介です。


なので、消毒液、処方の抗生物質、絆創膏は、必ずカバンの中に入っています。

それで絆創膏ですが、なかなか私が使いやすいものがないんです。水仕事がありますから、仕事中は剥がれては困ります。

なるべく濡れたらすぐに剥がしたいですが、そうも行かない時もあり、うっかりすると、受創して1週間も治らないと、皮膚がやられて来ます。剥がす時にうっかりして、健康な皮膚を剥がしてしまう時さえあります。

安くて、粘着力が強い、工夫のないものは、剥がれないので便利ですが、一発で、皮膚がダメになり、うっかりしていると、化膿寸前になってしまうんです。


仕方無く、ちょっと高いのですが、ケアリーブを使っています。かぶれない、と謳っていますから。


これが、水等がかかると、すぐ剥がれる癖に、かぶれたり、皮膚が剥がれたり、と言う感じ。テープかぶれが酷い私には、水を使ったら、勝手に剥がれてしまうので、交換するのを忘れない、程度の効果しかなかったです。


枚数を使いますから、今日は、ケアリーブと、とにかく安い剥がれないのと、2種類、散々迷って買って来ました。


ワーファリン常用者は、傷の治りも悪いんです。傷口が上がってくるのが遅いので。

若い頃は、何の怪我をしても、放置していて、すぐ治りましたのに。治っていない傷口からは、再感染の恐れもあり、この点だけは、今の仕事場は、誤算だった様な気もします。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック