bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今日は床屋と理学療法
月曜日 ちと遠くの特殊外来

火曜日 妻を外出させる

水曜日は仕事でした

木曜日 本日は、床屋と理学療法さん

金曜日 精神科と内科



土日は仕事です。


休みに休めないのは何故でしょうね。


病気のデパートだから、なだけですが。


妻が寝た切りですから、どうしても皺寄せは来ちゃいます。夫婦ですからね。仕方無いと言うか、それが夫婦でしょう。


妻を褒めても何も出ませんし、そもそも私のブログは読まないので、褒めても仕方無いですけれど。

良く頑張っていると思います。妻は動けなくなる、身体症状が激しくなる→鬱状態が酷くなる→ますます身体症状が激しくなる→ますます動けない を繰り返しています。


動けなくなる様な生活をしているから、ですが、そこが精神障害の厄介なところで、判ってはいるのです。
介助者がいれば、仕方無く動けますが、介助者って、私しかいませんので、限界があります。

外出させるのは至難の技ですし、風呂に入らせるのも、今は非常に難しいです。
風呂に入るのが、気分が悪く、入ると、イヤな気分になる訳ではないんですよ。体は冷えきっていて、暑さを感じて、のぼせみたいになっていますから、入って、清潔にすれば、さっぱりとします。

ここは狂っていないんです。

風呂場迄行くのが面倒

服を脱ぐのが面倒

体や髪を洗う気力がない

風呂桶に浸かると、すぐのぼせてしまう

出て、体を拭き、髪を拭き、ドライヤーで乾かす体力がない

ふらつくし、気力、体力共に尽き果てている



だから、太陽が出ている暑い時に、少しでも良いので、外出して、身体を疲れさせないと、身体が循環しないので、鬱状態は回復しないのですが。


亭主も、結構重い障害者ですし、仕事する時間は短く、収入は低いですが、休みは、ほぼ通院で消える訳であります。

至れり尽くせりにはしてやれません。

が、何とか物は食べている様子ですし、行かねば薬が切れる通院には、必ず1人で行きます。

精神科病院は、距離にしたら、それほど遠くありませんが、乗り継ぎが厄介です。

我が家の前の私鉄の駅は、枝線です。

そこから電車に乗って、各線入り乱れている駅迄、2駅
→階段を登って降りて、隣のホームに乗り換え

→1駅乗って、又乗り換え
→1駅乗って、階段を登って降りて、外に出る

→バス停に行く

→バスで15分乗る

→下車した目の前が病院


乗り換え、乗り換えで、1駅、2駅ばっかりで、しかも、エスカレーターがない、エレベーターもない、みたいな駅もあり、隣のホームへは、階段オンリーだったりするのです。


精神障害者に、これは無理。


最初のうちこそ、意地になって、電車とバスで行っていましたが、度々話をしました。


何の為に、障害年金があるのか。通院で疲れはてるなら、他のしたい事にエネルギーを使いなさい!


往復で5000円で足りないくらいらしいです。月2回ですから、10000円ですね。


この10000円を『仕方無い』と思える様になる迄、随分掛かりました。でも、今は、勿体ないお化けは出ていると思いますが、タクシーで行ける様になりました。


タクシー会社さんによっては、精神障害の手帳では、割引しないところもあり、タクシー券の支給がない妻には、勿体無くて仕方無いと思いますが、仕方無いと思える様になったのは、障害の特性から考えると、凄い事なのです。


今は食事も別々です。障害者施設な作業品が、宅配弁当、と言う所が市内にあります。週に3回、昼と夜と、飯は付けずに、惣菜部分だけ取っています。

他にヘルパーさんが2日来て下さいますから、その日は一回分、おかずがあります。

それを妻には、適当食べて貰います。私は大抵、外食です。妻は外に出られませんから、なるべくきちんとした物を食べさせてやりたいのです。


以前は私も作りおき等しましたが、温める、冷蔵庫から出す、器に移す、等が面倒な様子で、無駄にする事も、しばしばでした。

惣菜にしてからは、弁当箱を冷蔵庫から出せば良いので、何とか食べてます。


月決めで支払いますから、1ヶ月30000円くらいですね。高いと思うか、やむ無いと思うか、ですが、妻が家事をする事は不能です。私は商売柄何でも出来ますが、掃除、洗濯はしますが、敢えて料理はしません。全く休まらなくなってしまうから。


と言う事で、惣菜は私は、ほとんど食べませんが、代金は、私が20000円、残りが妻にしています。


我が家の決まり?がありましてね。

世間の常識は、我が家には通用しない

食べ物は、喰ったもん勝ち

の2つなんです。


妻にして見れば。躊躇いだらけの生活でしょうが、病んでいた以上の時間が回復には掛かる、とも言われます。

退院2年半。

良くやってくれて助かります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック