bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スイッチが入る方
少し苦手な事や、その事はイヤではないけれど、他に消化出来ない事等があると、パニック的になる方が、時々おいでになります。


ある特定の障害を持たれた方の、1つの、自分を守る手段ですね。


意識して、やっている訳ではないと思います。無意識かと言うと、そうでもないとも思います。

今のある事柄、が、どうしてもイヤな訳でもない。

原因は、遠く遠くにあります。パニック的になる、と言うと、訳も解らず、暴れに暴れる、みたいな様子を想像しますが、そうではないのです。

リズミカルに、特定の節回しで、何か唱えながら、だんだん暴力的になり、うまく止めてあげられないと、半分は放心、半分は何かにとりつかれた様に、自傷、他害がエスカレートし、大怪我を本人さんがしたり、大抵、相手をしているのは、支援者ですから、爆発的なエネルギーを放出してしまい、新人さん等は、自分が怪我をしてしまったり、もしも、その方に対応した人が、障害について何も知らない人だったりしたら、死人が出るんじゃないか、と思う事もあります。


ご本人は、ある種の脳内の快感を得ているのだろうと思うのです。脳内麻薬ですね。


例えば、アルコール依存症、ギャンブル依存症、ある種の精神疾患の急性期にある方、万引きが止められない、浮気が止められない。

人は様々な危険な脳内麻薬を生成する習慣が身に付いてしまう事があります。いわば、命懸けの快感でしょうか。


そんな事が恒常化してしまった方は、何かのご自分では解決出来ない、大きなストレスが日常化している方かも知れません。


障害があると、特に知的障害が重いと、的確な伝え方が判りません。結果、一番効果があるのは、攻撃をして、相手に諦めさせる事ですから。

すぐスイッチを入れてしまう様になるのでしょう。

私が施設介護に大きく疑問を持っている事があるんです。パニックになる様な事は、諦めてしまって、人生を教えない事、パニックになったら、力付くで押さえつけてやらせる事、根本を解決しないで、期をそらす事、等です。


何故、その方が暴れるのか。根本的なご本人が困っている事がある筈なんです。大暴れにしないうちに、我に返って貰う事も必要です。



施設から、厄介払いされてきた利用者さんの、施設からの申し送りは、使い物になりません。


稀にこういう状態になる事があるが、その場合は、かうして気を逸らす、しか無いからです。


何故、スイッチが入るのか、突き詰めていないのですね。大規模施設程、支援者さんも日々のルーチンに追われて、出来ないですし。


受託した側は、来歴が解らない方々と、押したり、引いたりで、何とかしようと頑張りますが。


施設に入所させたきっかけがまず、解らない。ご家族は、プロの支援者ではないですし、平穏な生活の為に、障害のある家族を、実質的に、施設に放り込む、と言う行動をせざるを得ない事もあります。


入所の際、素直に記録にしてくれて居れば、と、毎回思います。ご家族はプロの支援者ではありませんから、やむ無い時はあるでしょう。


それを、自宅に、ホームに、地域の暮らしの場所に還すのが、施設の役目ですよね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック