bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今日は少しましでした。
なかなかうまく出来ないで悪戦苦闘していますが、今日は、少しまともな方だったかも知れません。

利用者さんで、落ち着かないと、自傷、他害になってしまう方があります。お昼を食べに、支援者と外出されて、帰ってきたら、自傷、他害が始まったそうです。


判らなかったですが、お腹いっぱい食事をした、との事で、ズボンがきついかな?と思い、リラックスしたものには、替えましたが、収まる訳でもありません。

気持ちが落ち着かない方に傾いているのか、しょっちゅう手洗いに来るのですが、何も排泄はありません。

方法は間違っていますが、何か訴えたい事があって、自傷が始まり、解消しないので、他害が始まる訳ですから。

何かある筈ですが、判りませんでした。

1つ、もしかしたら?と思う事がありますが、これは自信がないんです。
同行した支援者の人は、その利用者さんが苦手だそうです。


うっかり利用者さんに、それが判ってしまうと、ストレスを感じますから、解放された途端に、爆発、と言う可能性です。

でもね。
仮にも支援者の人ですから、それではない様にも思うのです。


利用者さんは、私は気に入っているらしいそうです。なんでですかね?私も苦手じゃないですが。


遊んで欲しいのかも知れません。遊ぶのも仕事のうちですから、少しは時間を勿論取ります。


またまた表現方法が間違っていまして、構ってくれないと、私をがりがり引っ掻いてくれます。


ワーファリンコントロールしている私には、引っ掻かれて、出血等を重ねるのは、かなり困る事ですから、消毒したり、出血しちゃったところは、バンドエイドみたいな、私のアレルギーの皮膚でも何とかなるものを貼付する必要がある時があります。

今日は、利用者さん、引っ掻いて遊ぶ、と決めたらしく、ちょっと困りましたけれど。


支援者の方が勤務を終えて、帰ると、少しずつ解れてきた様にも思えました。


引っ掻くのは止まらないですがね。


夕食が近づくにつれ、落ち着いてはきたのですが、止まっていた自傷が始まりました。


何か食べたいのかな?
空腹?

丁度、他の方が、別の支援者の方と、おやつを買いに行き、帰ってきて、おやつにする頃でした。


冷蔵庫に果物ゼリーがありましたから、部屋で介助して食べて貰ってみると、やや落ち着きます。


こんなのの繰り返しです。

が、他の利用者の方にも、そうだったのですが、ある程度は、皆さんの様子を探りながら、仕事が出来たので、まあまあの1日だったかな?と感じました。


支援者は、基本的に二人です。途中で組み換えになりながら、繋いでいきます。引き継ぎもします。


その辺りも、まあまあは出来たかな?


二人が暗黙の阿吽の呼吸で、手分けして仕事をしますが、私の前の支援者さんと交代で来たのは、代表さんの息子さん。

年寄りと若者の組合せでしたが、何とかなった方でしょうか。


そうそう。
大量の粉薬が今、必要な利用者さんには、夕食後の薬は、私が飲んで貰いました。

上を向いて、で通じる方、意外に少ないです。私は顎を上げて、上ですよ、等と言います。しっかり口を開ける為にも、顎を真っ直ぐ上げるのは、大切です。


やってご覧になると判りますが、顎を上げたら、口は勝手に開きますから。で、なるべく奥の方に入れて、水分を充分飲んで貰います。凄く量が多くて、二回に分けました。比較的すぐに飲めたかなあ?


と言う事で、本日は落第ではない事にしましょう。



ある支援者さんに、引っ掻き傷で、出血してしまったところを、バンドエイドで止血していたら。


きりがないです。一々そんな事をする必要ないでしょう、等と、言われて困りました。


私は心臓に障害を抱えている、と言う話は、6月の時点の会議で、知らされている筈です。


普通の人が当たり前に出来る事が、不能なのが、障害者です。


仕事してる支援者は、健常者だけじゃないんだけどね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック