bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今日は循環器です
休みが休みになかなかならないですが。

健常者の方も、休日は、役所等の手続きや、ご自分のお医者さんに行かれるのかな?


7月が外科検診でしたから、主治医にはお目にかかっていません。8月から勤務体系がかなり変わったので、トロンボ等は、どうでしょうね。7月はギリギリセーフで、薬は増やさずに済みました。


シフト表に、通院等の予定を書く習慣です。休みの日は、8割はどこかお医者さんに行ってますね。病気のデパート、困ったものです。



先日、事業所の、ホームの責任者の方に教えて頂きましたが、ホームに女性の常勤扱いの職員さんを、新たに採用なさったそうです。

調理員のパートの方も、採用になりました。


私が採用になった1つの大きな理由は、土日に勤務出来て、ある程度、利用者さん対応が出来る、男性の短時間労働者が必要だったから、でした。


常勤さんが配属になると、その方の勤務時間確保が必要ですから、私が仕事出来る時間数は、又、減るそうです。


常勤の仕事は、今の稼業で、現場にいる限りは、まあ、無理でしょう。寝た切りの家内もおりますし、私も病気のデパートですし。


せめて、90時間保証して貰えると助かるのですが、なかなか案配がいかないらしいです。100時間程度、福利厚生不要、雇用保険だけで結構です、で入りましたから、80時間大幅に切る、は、まさかしないと思いますが。


実は。


自立支援法の、知的障害者の方の、地域日常生活支援、に拘らず、一般的なパートの仕事をした方が、実入りが良く、又、身体の負担は少ないんです。


コンビニエンスストアとか、スーパーマーケットとか、飲食店とか。


前の職場は、仕事は大変体力消耗しましたし、夜勤しないと、平日の昼間の仕事は、皆無でしたが。登録ヘルパーになっても、時給はまあまあに、保証してくれました。


今の職場は、なかなか厳しい様子で、時給にして250円違います。高いんじゃないですよ。低いのですよ。


経験加算はない?みたいです。


施設に長くいた方々が利用者さんですから、色々、消耗します。夜勤しないで良くなって、少ないながらも、ある程度安定した勤務になって有難いのですが、困った事も起きつつあります。


精神的、体力的に、大変なところだけ、短時間で片付ける役目、になりつつあるのです。大変疲れますし、血圧のデータも、8月になってから、かなり変動激しいです。


大変なところだけ、短時間、ですと、身体は負担が増えて、収入は減る、になりますでしょう?


主治医と今日は、そんな事を少し話をしてみます。


収入が少なければ、税金が掛かりませんから、その分を働かなくて済む、と言う事実もありますよね。


この稼業、妻は辞めて欲しい様子ですが、続けて行くだろうなあ、と思います。


で、検査、診察して頂いたら。トロンボが凄く悪いです。仕方無く、又増やす羽目になりました。かなりの量なので、出血リスクが倍増します。血圧を安定させる薬も、倍増になりました。半錠だったものが1錠に。いわゆる降圧剤とは、少し違って、弱いもの、と言う印象のものです。


施設から出てきたばかりの利用者さん達は、表現方法が判らず、混乱すると、他害して、収拾しようと、身体が学習してしまっています。


気をつけて下さいよ!と、釘を刺されてしまいました。


9月は、薬の効き過ぎになって、減らせるといいなあ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック