bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



そんな時代もあったと思う
今の職場に、代表さんの息子さんが、手伝いに来て下さっています。高校生か、大学生と思います。

良い青年で、真面目な方ですが、いかんせん、人生経験が足りません。

私も全てが出来る訳じゃありませんが、それは止めて!と思う事が良くあります。学生さんですから、微笑ましいですが、後始末がちょっと厄介です。


風が吹けば桶屋が儲かる、と言いますが。


あちらでのストレスや疲れ等により、こちらで関係ない事でイライラ、と言う事が、知的障害者の方には、あり得ます。


そんな時に、余計な事を言われると困るのであります。


ある方が、明らかに疲れておいでです。何故なら、毎日の様に水泳の時間があるからです。


水泳は好きな方ですが、毎日楽しく全力で水泳していれば、もう1ヶ月になりますから、疲労困憊です。


で、ちょっとした事で、爆発してしまう事があります。


説明しちゃうんですね。イライラしていますから、風呂に入りましょう、と言われれば、反射的に、入らない!となったり。


どうして?とか聞いちゃいます。入りたくなったら来て下さい、とか、言っちゃいます。


判断任されて、判断出来る方ではないのに。


しらーっと部屋に行き、今日は私が気に入らない様子でしたから、シャワー空いてるよ、○○さんと入る?鷹山さんと入る?と言うと、私には左右にぶんぶんと首を振ります。今日は鷹山は気に入らない、と、決まったのでしょう。


何故か聞いても、理由はありませんから、又、パニックを起こすだけです。


じゃ○○さんと、シャワーしておいで、と送り出し。

風呂に浸かるのは好きじゃないみたいです。せっかちなんで、辛抱出来ないのかも。


で、風呂場で、若い息子さん、一々許可を求める訳です。嫌がっているうちに、又、パニックです。


水飛沫が掛かる等がイヤな様子ですし、目を瞑らずに、石鹸が目に入ったりして、嫌がる様に感じます。

私は許可は求めません。
目を瞑ってね、とか、頭や顔を洗ったら、都度、タオルで拭く等します。

多少スイッチが入る事がありますが、大抵、何事ありません。



食事の時、明日の朝食と兼用でした。私がちと失敗して、又、大暴れされて。
皿をひっくり返したので、お代わりを要求されました。


本人さんが、私のちょっとした失敗に、スイッチが入って、勝手に暴れて、皿をひっくり返した、が、多分正しいのですが、今現在、興奮して暴れていた人に、明日の朝食と兼用だから、少量しか出せないけれど、ほんの少しだけで良いか、聞かれると、実に困ります。


カレーだったんですよ。少々量が足りなくても。水増しと言うか、適当なものを放り込んで、量は増やせます。


懸命に説明しようとする学生さんを遮って、あいよ!大盛りだよ!と出せば良いんです。


水増し出来ない程大量に食べたら、別のおかずを、急拵えすれば済みます。


大量に咀嚼せず丸飲みですから、夜中に吐くか、腹下しを起こすか、判りませんが、何らかの満足を感じれば、神経緩んで、イライラが緩和されます。


その辺りが、まだまだ学生さんには無理です。こちらは15年、この稼業ばかりやっているんです。


でも。


若いのは羨ましいかも。将来が開けていますからね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック