bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



なかなか難しいです
土日は、常勤職員さんが居ません。ちょっと油断すると、阿鼻叫喚の動物園になります。私と同じくらいの身分の方か、アルバイトの方が、午前中おいでで、私が13時から行くと、大抵、騒動が起こっています。


では、私がすぐ解決出来るか、は、別問題ですが、何がどうなっているか、は、素人さんではないので、解ります。


支援者が何人も集まって、あの手この手をやると、利用者さんは混乱します。1人の支援者でも、あの手この手をやると、同じくです。


それで阿鼻叫喚になっているのは、私でも解る。


解りますが、阿鼻叫喚を落ち着ける迄は、何とか出来ますけれど、解決迄は、まだまだ場数が足りません。

ご本人は、混乱の極みになってしまいますから、なんで、ここまで混乱させちゃうの?と、申し訳ないですが、私より長いパートの方や、アルバイトの方に、つい思ってしまいます。


混乱しているご本人は、興奮状態です。まずそうなる様な事をしちゃダメですよね。


それから本人さんに、逃げ道を作ってはダメな時があります。


例えば薬。
例えば通所。

本人さんに、○○をしたら、薬を飲みますか?等と、聞いちゃダメです。


朝の薬、昼御飯の後に、握りしめて、飲まずに、支援者お二人で、わーわーやっている所に、出勤しました。

昼食も食事と言う状態じゃなくて、食べる!食べる!と、本人さんが混乱、興奮している状態で、自分で一口、支援者が介助で一口、散々時間が掛かり、一応皿は空になった、と言う状態でした。


朝の薬は、昼御飯の前に飲む、と、本人さんが約束したそうで。

飲む訳がありません。儀式行動で、がんじがらめになっていて、毎日が一つも楽しくない方ですよ。


次は、薬の袋を手に持たぬので、本人さんの手に出せば飲む、と、又、約束したらしい。


で、握りしめて、飲めなくなって、わーわー騒いでいる所に、私が出勤。


早朝から支援に入っていた方、10時から支援に入っていた方、時間で上がってしまったり、別の方の移動支援に出掛けてしまったり。

その状態から、本人さんの阿鼻叫喚、わーわー動物園は解消しましたが、薬は握りしめてはいないけれど、手のひらの上、で、16時になりました。



失礼は承知ですが。

1人の方は、代表さんの息子さんです。多分学生さん。出来るつもりになっているのが、ちと困りますが、学生さんでは、仕方無いです。


もう1人の方、もう少し何とかならんか、と思います。行動援護加算が付く方だそうです。7月で9ヶ月目だ、との事。身分は知りませんが。


行動援護加算が付く人が、わーわー動物園にしてしまい、挙げ句に、定時で帰っちゃう、が、理解出来ないです。


何事なく、役割を果たしたなら良いですよ。この方、定時を少しでも過ぎると、良く15分延長、等と、世話人さんに、確認取っています。


常勤さんではないでしょうから、事業所の都合で延びたなら、勿論請求して良いですよ。そうじゃないからね。


初めて、その支援者の方と。移動支援に出た時に、その支援者さんに言われました。


この事業所は、ホームの仕事の時は、時給が安過ぎて、やっていられない。移動支援なら、採算が合うけれど、と。


なにをか言わんや、です。


で、利用者さんを阿鼻叫喚にして、定時でお帰りになりました。



土日は私が何とかしないと、利用者さん皆様が、お気の毒です。


重度の利用者さんは、誰かが混乱していても、我関せず、だと思いがちですが、違います。


嘲笑する方、揉めている様子を、わざわざ見に来る方、様々です。混乱している状態の阿鼻叫喚の利用者さんは、その雰囲気を敏感に感じます。


私、何人かの利用者さんを叱りました。



でも。できなかったのですね。悔しいし、何年、この稼業やってるんだ、と、情けないです。



今日も失敗があったので、飲ませられなかったのでした。



前の方が、阿鼻叫喚にして帰っても、何とか出来なくちゃ、介護屋ではないですから。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック