bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



そろそろ1ヶ月です。
6月から少し実習しましたが、試用期間が始まったのが、7月からです。そろそろ1ヶ月ですね。


少しずつ利用者さんの様子、職員さんの様子が見えて来ました。そして、本日で、お1人退職されました。その方とは、ウマが合わなくて、少し苦労しましたが、私より先輩ですから、なるべく合わせて頑張りました。


でも、少しホッとしましたね。帰り際に、世話人さんがお話下さった事の1つに、え!?と思う事がありました。


その職員さん、行動援護加算が付かない職員さんでした。と言う事は、自立支援法の経験者じゃなかったと言う事かも知れませんね。

ちと、あれ?と思う部分のある方ではありました。他の福祉の分野が向いている方なのではないかな、と思います。自分に向く職場が良いですからね。


実は。

週末は、その方が仕切っておられ、毎週阿鼻叫喚でした。その方も、困っておいでだったと思います。次の職場が向いている職場である事を祈ります。


と言う事は、8月からは、私が多分、1人で仕切らないといけなくなりますね。

ある程度の、データと、利用者さんとのお付き合いがあれば、勿論仕切れます。たった1人ですが、ケアホーム立ち上げしていますし、この稼業は15年近くになりますから。出来なきゃガセでございます。


ところが、データがないんですね。来し方来歴が、皆さんないんです。いや、施設末期のごく新しいデータはありますよ。そんなものは要らないです。

長期に施設に隔離されていた方々です。負の歴史、決定的な何か、がある筈です。


その際に、支援者の力不足で、利用者さんは、自己表現の方法が判らずに、様々な厄介を抱えてしまい、今度は、地域移行の名の下に、真っ先に、福祉事業団委託のホームに、厄介払いされてきた訳ですから。


その厄介払いしたくなる行動や、原因と考えられる事が伝わっていないので、仕切れる様になるには、かなり掛かると思います。


施設からの申し送りって、綺麗事がほとんどなので、使い物にならんのです。加えて、私はまだ1ヶ月。


なんとかしますけれどね。

まずは、週末は動物園、の状態をなんとかしませんとね。


居室で、のんびり楽しく過ごせる方が居ないのです。何をされているか、と言うと、徘徊か、自室の音楽機器を、爆音でかけて、陶酔しているか、ぼんやりリビングに座っているか、くらいですね。


私は入所施設嫌いです。はっきり言えば、大嫌い。働いている職員さんには申し訳ないですが、あなた方は、長期間掛けて、障害を背負った方々を、廃人にするプロですか?と思っています。


施設にいた事はありますよ。駆け出しの頃。


良い上司に恵まれて、見切りをつけて、地域支援者に切り替えたのでした。


ですから、施設支援者の方々には、失礼な事も、これから書くかも知れません。専門性、向き不向きの違い、で、ご容赦下さい。


ケアホームに勤務されて間もない、どなたかは判らない方の、インターネット上の意見を読んだ事が最近ありました。


自閉症のある利用者さんが、嫌いな食べ物を丸飲みするそうです。


良く見る光景です。


その方は、真面目な職員さんと、文章からは拝察出来ました。悲しいかな、まだまだ場数が足りないご様子でした。


丸飲み利用者さんは、お茶のお代わりを求め、丸飲みして、茶で流し込みます。

職員さんは、茶のお代わりをさせずに、噛んで食べる様に強く指導しているそうです。


で、通常の食事を刻む計画だ、との事。勿論、食事中は、茶は与えないで、噛んで食べる様に教育したい意向とか。


これでは、ケアホームの意味がない事は、まだ判らないご様子でした。先輩職員さんと、毎日、激しい口論になるそうな。


退職された方は、ややそんな感じの方でした。向きません。この稼業には。


人には向き不向きがありますが、知的障害者の方々が、社会の迷惑、厄介払いしたい様な行動が染み付いているのは、まさしく支援者の下手くそです。


それが判らない人には、地域支援の仕事をして欲しくありません。


退職された方が、物凄くベテランかの様に、自信満々に仕切っておられましたが、行動援護加算も付かない方と聞き、ああ、私とはウマが合わなかった訳だ、と、やっぱり思ってしまいました。


じゃ、私は完璧にできるか?出来ません。出来ませんが、様々、利用者さん達の人生が実り多いものになる様に、パートながら、努力したいと思います。


丸飲みする理由を考えると、すぐ判るのですがね。自閉症をかかえた方々の、生活のし辛さを理解出来たら、家庭と同じホームで、刻み食なんぞで、解決とは思わない筈なんですけれど。


来歴が欲しいなあ〜
ないものは、ないですけれど。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック