bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



帰り道です
15時半から20時の勤務が、平日は2〜3日、土日は半日6時間くらいの勤務で、火曜日と金曜日は、通院の為に休みです。


パート勤務で、システムが全員の方が時給なので、都合で休みたい時は、予め申し出れば良いようで、ちょっと気楽になりましたね。

風呂屋の三助は、本当に久し振りです。大規模入所更正施設時代の、アルバイトの時以来じゃないかな?

全員が時給ですが、常勤的な方々はおいでです。その方々が差し障りなく、仕事が出来る様に、雑事を片付けるのが、私の仕事です。

長く施設暮らしをした方々は、たかが風呂に入るのに、大騒ぎになってしまいます。大騒ぎにしないで、清潔を保ち、お身体の観察等をして、先輩に報告します。


利用者さん、結構色々不具合な事がありますね。特に大規模入所施設にいた方々なので、清潔保持が出来ておらず、皮膚炎、皮膚病の方が沢山おられます。


施設時代に発見して貰えなかった方もあります。


白癬の方、数名います。
耳の炎症の方も、数名います。


ダウン症候群の方、粘膜が弱いですから、耳、鼻、喉は良く見ないとダメですが、見て貰えていない方があって、多分、耳の奥深くに、浸出液等が出ては乾きして、大変な事になってます。


ちょっと綿棒で入り口に触れただけで、嫌がります。慢性の炎症でしょう。明日、耳鼻科に行く方が1人おいでで、追加で、その方も行く事になりました。

白癬の方々は、後日皮膚科に行かれるそうです。


てんかん発作が凄まじかった方は、漸く、紹介状が手に入り、紹介状無しでは、半年は待たされる、国立の独立行政法人の、精神、神経研究所に、やっと予約で、通院が本日出来ました。

今までの障害者専門病院、救急搬送で、入院させて貰った病院は、てんかん発作や、自閉症を伴う方には慣れていないので、先輩や、私が見ても、副作用だけが出るんじゃないかしら、と言う処方でしたが、やっとすっきりした処方になって来ました。


気分の上がり下がりをなだらかにする効果の薬

痙攣等、てんかんの発作を出ない様にする効果の薬


副作用防止の効果の薬


興奮してしまって、眠れない様な時の為の、一般的ではない、精神安定剤



今まで、睡眠薬が出ていましたが、誰が決めるのか、マイスリー。


知的障害者の方で、興奮してしまう様な方、睡眠薬を飲むと眠れる、と、理解出来ない方に、マイスリーは、全く効果がありません。

知的障害者の方の為の、介護屋の常識です。


副作用がほとんどないので、精神薬を沢山飲んでいる。知的障害者の方には、一番にマイスリーが処方されて来ます。前の職場のホームで、様々な要因で、夜中に遊んでしまい、昼間は通所先で、たっぷり昼寝をする習慣になっている方がありましたが。

ご家族が掛かり付けの内科の医師に相談して、やっぱりマイスリー。

効きませんから、夜きちんと眠れる様にするには、持続時間がある程度長いタイプの、睡眠導入剤じゃないと、意味がありませんよ、と私が専任の頃でしたら伝えたと思いますが、今はどうなっているか、判りません。


で、流石、紹介状がないと門前払いの、国立の研究所で、マイスリーはダメ、と、ご家族にこんこんと、説明があったそうです。


代わりに処方されたのは、統合失調症の急性期症状のある方や、認知症、双極性障害1型、等の患者さんが、危険な程、興奮されてしまった時等に処方される、効き方の違う、精神安定剤です。


興奮されてしまった時に、いくら強い睡眠薬を飲んで貰っても効かないのです。興奮を抑えれば、自然眠ります。


翌朝残ってしまいますから、頓服で出ていました。



そういえば、その方、風呂屋の三助していて、気付きました。臍かおかしかったんです。

良く見ると、汚れが固まって、硬く石灰化しています。指で除去しようとしてみましたが、硬く、深く、大量で、下手に指では除去出来ません。


綿棒3本程、つまり、6回程、新しいものに交換して、慎重に除去してみると。
最終的に、臍の中の粘膜状の皮膚が露出して、その部分は柔らかい普通の汚れでありました。

汚れが重なっては乾燥し、を繰り返していたのでしょう。かなり汚れている方でも、バラバラの形で除去出来ますが、直径5ミリ以上はある、球状に粘着していて、1つの塊としてしか、除去出来ませんでした。


施設時代、どれだけ汚れていたままだったのでしょう。本来は医師がやらないといけない医療行為とは思いますが、一般の皮膚科で、暴れて、断られるのがオチなので。

数分かけて、除去して、消毒薬の軟膏を塗布してきました。先輩には報告して、明日の勤務の時に、又見て、怪しければ、又、消毒薬の軟膏をつけます。



と言う感じで、風呂屋の三助をしています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック