bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



集中治療室の利用者さん
私が、ご様子を見に行ったのは、昨日、月曜日の面会時間です。

今日はやむ無い用事を、ほんの少しだけして、あとは完全休養でした。

昨日、見に行った利用者さんの様子は、看護師ではないので、はっきりは判りませんけど、悪い状態なのは、確かだと思います。

集中治療室なんですから。
しかし、悪いなりの小康状態、と言うイメージの説明でした。看護師さんが、簡単に説明してくれました。

てんかん発作を止める治療もしている様子がありましたから、点滴で入れているのかな、と、今思えば、そんな感じです。


肺炎を起こしたのは、てんかん発作が直接の原因ではありません。発作が続き過ぎて、頭を反らせてぐったりしていた為かとは思いますが、大量の唾液が気管から肺に入った為です。

若い方ですが、みるみる憔悴して行くのが判りましたから、てんかん発作とは、生命を少しずつ削っていくものなのだ、と、初めて実感した事でした。


誤咽性肺炎には、私はちとトラウマがありましてね。

実の母を、それで亡くし、前の職場の利用者さんを亡くし、しています。

母も、他界された利用者さんも、前日迄、病は抱えており、母は療養型病院に入院中でしたが、元気でした。


夜間の、職員さんの少ない時間帯=発見が早朝、とか、利用者さんは、支援者がサポートを終えて、帰宅し、翌日の昼前に、次の支援者が行った時に、発見、でした。


母は肺の片方が全く機能していなかったそうで、こういう時は、誤咽したものは、働いている方の肺に必ず入ります。

常時酸素対応でしたから、誤咽したら、もうおしまいです。少量の吐き戻しがベッドに残っていて、その一部が入ったのでしょう。


24時間だけもちましたが、翌朝の発見時間帯頃、他界しました。


前の職場の利用者さんは、半年程して、かなり改善し、口から物は食べられませんでしたが、重度包括支援で、訪問看護ステーションさんと連携して、在宅準備をしているうちに、急変されて、数日もちましたが、儚くなられました。


今の職場のてんかん発作から、誤咽性肺炎を起こしている方が、漸く受け入れて貰ったのは、この地域の、三次救急迄ある、指定病院さんです。


そこは、非常に充実しています。前の職場の利用者さんが最初に受け入れて貰ったのも、そこでした。


肺炎は治りませんでしたが、かなり改善して、転院ぞるを得なくなりました。転院先は、勿論誠実に治療を続けて下さいましたが、病院さんとしての力に、やはり限界がありまして。

転院して暫くして、みるみるうちに、低下していかれたのでありました。悪いながらも安定していたところ、理由は知りませんが、急変されて。


病院勤務ではないし、高齢者の方の介護屋でもありませんが、利用者さんの他界には、かなり立ち会う事になる仕事ですね。


凡そ、誤咽性肺炎等と言うものには、一般の普通の健康な人は、なれません。

妻も私も、障害が重いですが、なれません。もし間違ってなるとしたら、妻の方でしょう。障害の為に、憔悴しています。今現在もそうです。しかし、気管に何か入って、反射で咳が出来ない程の憔悴ではないので、なれないとは、思います。


今の職場のてんかん発作から、誤咽性肺炎を起こした利用者さんは、状態は悪いですから、まだ集中治療室に居られます。見ていて、痛々しいですが、集中治療室にいる限りは、大丈夫だろうと思います。


集中治療室以外に、一般病棟は無理な患者さんの為に、救急病室があります。
集中治療室の裏側にあります。


この辺り迄は、信用出来ると言うか、手厚いのですが、果たして、集中治療室対応の状態から脱した、と判断された後が、怖い訳です。


私も集中治療室には、半日居ました。心臓切った直後ですね。こういう患者は、特変起こらない限りは、流れ作業的に、一般病室に戻ります。


私がいた病院は、入院しているのは、生命を保つのに、常に医療がないと難しい方と、検査、手術の患者だけです。

扱っているのは、循環器の重症患者だけですから、一般病棟も、普通の病院さんの集中治療室とは言いませんが、救急病室程度の実力のある看護師さんばかりです。


誤咽性肺炎は、本当に怖い。

救急時を脱した後を考えると、怖いですね。


早く元気に暴れまわって欲しいです。
それから、暴れなくて済む、快適な生活を支援したいと思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック