bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



誤咽性肺炎
てんかん発作が続いていた方が、やっと入院出来ました。

昨夜、私が帰る時は、シャワーも浴びて、何とか食事も摂れたのですが、夜中に、痙攣を伴う発作が酷くなり、確か、4回目くらいの搬送で、誤咽性肺炎を起こしている事が判明し、ICUに今はおいでです。

何回も主治医のいる病院に問合せ、うちでは診られない、救急搬送をして、と言われ。

搬送すると、受け入れてくれず、発作止めの筋肉注射をして下さるだけで、すぐ帰されて、何故、救急搬送するのか、病院さんに叱られる数日間だったそうです。

昨夜、酷くなり、三次救急迄ある病院さんに、二度目に搬送した時は、様々な力が衰えていて、肺に、唾液が入り、ICU対応の事態になっていました。

少し回復されると、又、あっという間に退院させられます。

救急システムは判っていますが、主治医のいる病院で、てんかん発作が止められず、既に1週間。

若くて、力のある方が、毎日、憔悴して行くのに、どこの病院さんも、紹介状がない、とか、てんかんを診察出来るだけの医師、設備がない、等で、ICU対応になる迄、どうしようもありませんでした。

てんかん発作は、精神科、神経科の範疇で、止められる薬を調整出来る能力のある医師は存在するのだそうです。

てんかん発作のプロですね。そういう病院さんが主治医ではありませんでした。そちらでは、発作は止められないのです。

どこか、てんかん発作のプロの居る病院に転院しないといけない様子ですが、なかなか予約させて貰えないらしいです。

行動障害満載で、暴れまわる様な爆裂的な体力のある若い方が、憔悴仕切っていても、生命に別状がある程悪化する迄、どこも受け入れてくれなかった事に、やっぱり怒りを感じます。

介護屋ですから、地域救急システムの限界は判っています。


今回は、誤咽性肺炎が受け入れ理由ですから、てんかん発作を止める治療はしてくれないのかも知れません。


てんかん発作は、起こした回数、続いた時間の分だけ、寿命が短くなる、と言われる病です。

お年寄りじゃございません。
行動障害満載で、暴れまわる様な爆裂的な体力のある若い方が、憔悴仕切っているのです。

死にそうになる迄、治療が受けられないってなんなのでしょうね。

今回は、てんかん発作で、生命が危うい訳じゃないのですが、遠因は、てんかん発作だと思えてなりません。

私は、てんかんには本当に無知です。

前の事業所に、やはり、主治医が、どうしても、発作を止められず、毎日必ず発作を起こす方がおいででした。

この方は、大発作は出にくいのですが、ショートステイで、宿直した時に、5時間に及ぶ、強直発作=脱力した後、身体が硬直化し、意識朦朧となる、が続いて、ハラハラした事もありました。

てんかんは、本当に怖いんです。てんかん波は仕方無いです。発作を起こさせてはいけません。

その方に、別の良い主治医が見つかるのを祈りたいと思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック