bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



障害年金改訂申請
改訂じゃなくて、改定だったかもしれません。

私の心臓の状態は、それほど酷くはないのですが、心臓そのものはストップせずに動いていますけれど、周辺症状が激しくて困っていました。
簡単に言うと、心臓のデータを数値で測ると、異常なし、本人は、著しく体調が悪いと言う状態が続く様になりました。

宿直等の、長時間勤務、訳あって、ホームの1週間分の家事雑用を一人で一晩で全て片付ける の状態でしたから、無理ないと思います。何度も、血圧の状態や、体感が『まずい』と思える状態になり、何度も病院の当直の先生、日直の先生にご指示を仰いでおりました。

そんな事もあって、今般、職場を変えたのです。


同時に主治医から、『今までと同じ労働は無理だ』と言われました。
今はまだ、中年過ぎくらいなので、もちますが、10年すると、このままの状態の労働と、妻の介護を続けたら(家庭の家事も全て私がやっています)、人工弁の破損等が早く来てしまう と言う事だそうで、勧めに従って、障害年金の改定申請を出しました。

4月25日の事でした。
大抵、1カ月程度で知らせが来るのですが、(身体障害者は早いです。精神障害者は遅い。妻は1年掛かりました。)待っても待っても来なくて、何回か、社会保険事務所に質問の電話をしたりもしました。(繋がらないんです。回線が少ないので。訪問できるほどの余力は、仕事していたら、無理です。)

ようやく今月になって、管轄の社会保険事務所に繋がりまして、質問したら、『7月10日の決裁なので、7月13日までには結果が手元に行きます。』と回答が得られました。

2ヶ月です。まあ、通らないケースでは(改定申請と言うのは、一般的には、症状、障害が重くなったので、障害年金を多くして下さい と言う意味です。)あっという間に『該当せず』の返事がきますので、見込みがあるのかな?と思いつつ、毎日毎日郵便箱を開けていました。

昨日が10日でしたから、昨日も開けて、来ていなくて、本日午前中に開けて、やっぱり来ていなくて、午後出勤前に開けたら、やっと到着しました。急いで開けてみると、改定申請は通っていました。要するに障害年金の級が上がった と言う事です。

障害厚生年金3級だったものが、障害年金2級になりました。
3級があるのは、厚生年金だけなので、厚生年金部分だけしか出ません。
2級になりますと、国民年金部分、厚生年金部分、掛けていた人は厚生年金基金の部分も、国民年金基金の部分も出るようになります。大体、2倍くらいの支給額になります。

あとは、それ以降の年金の掛け金が不要になります。

私は無理をして働いていますが、本来、労働しなくて済むなら、労働しないで欲しいと医師は考えているようです。2級の年金を受給して、働いている人がある と叩かれる方々(私もですね)ありますが、本来は働かなくて済むなら、働かないで欲しいと医師が考えている様な方々なんです。

でも、施錠は厳しいですから、一般の健常者の方に比べたら、ほんの少ししか働けない人がほとんどです。それでも働かないと生活が出来ないので、やむを得ず、働いているのでしょう。


私もまだ、心臓が壊れていなかった頃の3分の1しか働けません。

ほっとしたのと同時に、もっと早く事務屋になれば良かったかなとも思いつつ、でも、私は現場の介護屋が一番好きですから…

週に2時間しか働けなくなっても、やっぱり現場にいると思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック