bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



僧帽弁形成術
三笠宮殿下が本日午後、僧帽弁形成術をお受けになるそうです。

こんな記事が出ていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120711-00000028-jij-soci
心臓の中には4つ、弁があります。
大動脈弁、肺動脈弁、三尖弁、僧帽弁の4つです。
これらの弁の異常を伴う心臓疾患を、弁膜症と言います。

私が先天的に異常があったのは、大動脈弁でした。
私は人工弁置換者ですが、それは弁そのものが既に石灰化していて、弁が付いている部分の穴?血管の通る場所?を弁輪と言いますが、そこまで石灰化が及んでいました。
ですから、『弁形成術』は不能でした。

三笠宮殿下は、僧帽弁の閉鎖不全症がおあり との事ですね。
今までは薬や安静で、回復なさっておられたのが、少し難しいご様子であるので、同妃百合子様が希望され、『弁形成術』をお受けになる事になられたとありました。

弁形成術は、人工弁置換とは違います。
生来ある弁を、そのまま利用して、三笠宮殿下の場合は、閉鎖不全症にて、逆流がおありで、その為に症状が著しくおありになる と言う事ですから、きちんと閉じないのですね。

僧帽弁閉鎖不全症の方、高齢者の方にかなりおいでになるようです。
理由はよく知りません。
弁そのものが利用できる状態であれば、閉鎖不全が起きない様に、縫い縮めるとか、一部を切り取り、バスの場所に移すとかで、生来の弁を残して、治療をする事が出来ます。



心臓と言うのは、機能しない=即、生命にかかわる ですから、何とかもつ間は、出来る限りいじらない と言う方向性があるように思います。
私もぎりぎりまで何もしないで、開けた時は、ビックリ!状態でした。
とても弁形成出来る状態ではなく、人工弁にしましたが、正確に言いますと、弁形成術の方は、自動的には、身体障害者1種1級にはならないです。異物にしていないので。

症状が相当すれば、1種1級の方もありましょうし、その他の級の方、又は、少しの方は、障害者ではなく、一般の方と同様とて、手帳が出ない方もあるかもしれません。

三笠宮殿下は、皇族でいらっしゃいますので、民間下々の事柄は該当されませんが、皇族方の中で、一番お歳が上と言う事ですね。昭和天皇陛下の弟様にあたられます。

お元気になられる事をお祈りしたいと思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック