bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



事業団委託
自分が新しく働くつもりの団体さんが、何がどうなっているか、いまだにさっぱり判らないで居ます。

少しずつ判った事も幾つかあります。

私が配置されるケアホームは、地方自治体の、社会福祉事業団からの委託です。

と言う事は。

地域移行は、確かに、地域移行なのですが、言葉が大変悪いですけれど、施設等で、持て余されていた様な方々がほとんどです。


まず、ほとんどの方が自閉症のある方々。

若いけれど、拘り行動と、儀式行動で、がんじがらめの方

若いけれど、療育段階、養護学校時代に、適切な支援を受けられなかった方、と思いますが、乱暴に言えば、我が儘放題の方。ご自分の要求が通らないと、大暴れなさいます。20代の方ですが、歯の欠損が酷く、清潔保持を全力で、抵抗なさいます。お食事も、適切に取れておられません。菓子等を休日等に食べ過ぎてしまい、情緒が常時不安定な感じ。
ご家族は、ご兄弟姉妹はおいでの様な感じですが、この若さで、弁護士さんが、成年後見人さん。誰からも見放された印象の方。帰省先もありません。


自傷と他害の激しい方。
自傷、他害には、必ず理由があります。
自閉症のある方は、私達にはどうしても理解出来ない、感覚異常や、敏感過ぎる感性がおありである、と言われています。

ちょっと傷が出来た、とします。気になるので、いじり回してしまいます。前の勤務先にも、むしってしまう方、おいででした。30代の方ですが、傷を作るくらい、自分の身体、又は他人につかみかかる等で、発散されているのかな、とも感じますが、傷になった所は、痛みがありますし、独特の感覚がありますよね?

それが為に気になって、狂った様に、ご自分の身体を傷つけてしまい、痛み、痒みで、更に激しく患部を損傷してしまいます。

この行動は、別な発散方法を作って差し上げないと、止まりません。


10数年前に、駆け出しの頃、アルバイトさせて貰った入所施設にも、同様な行動のある方々がおいででした。ある方は、多分、幼い時のある時に、怪我をされて、瘡蓋が出来たのでしょうね。以来30数年、ご自分の身体をわざわざ傷つけて、瘡蓋を作り、それをむしるのが人生、になってしまっている方もありました。虐待されたかの様に、身体に放射線状に、紫色の繰り返しむしって出来た痣の様なものがありました。初めて見た時は、駆け出しですから、仰天しましたっけ。

今、関わっている、その30代の方は、良いやら悪いやら、判りませんが、お母様が市内に住んでおられるので、毎週、ケアホームに来られます。親離れ、子離れの点でも、課題多い方です。


四人目の方は、50代の方です。幼い頃は、ろくな支援がなかった、最後の世代の方です。現在、50歳以下の方々は、学蛎期途中で、『修学免除』と言う、事実上の差別がなくなり、全員修学になりましたので、とにかく教育は受けられました。受けられずに、措置時代に、施設入所され、この春に、高齢なので、地域移行とて、施設を厄介払いされた気がします。

こちら様には、通常の形で、多分、姉妹の方と思われる方が、成年後見人で付いておられます。親御さんが云々は無理だろうと思われます。



あと二人の方のうち、お一人は、ダウン症候群の方で、医療ケアが大変な方です。先天性心室中隔欠損症だった方で、一般的には、出生してすぐ、欠損部分を医療用パッチで塞ぐ手術をして、根治治療になるはずなのですが。

ペースメーカーを腹部の少し上と言う、奇妙な場所に入れておいでです。大動脈弁の比較的そばに、電波の基地局があります。私は、その部分は切れずに済んだので、ペースメーカー入れずに済みましたが、多分、そこが。機能しなくなったか、切る羽目になったか、でしょう。思春期にペースメーカー入れた様子だ、と言う事らしいです。

基地局が損傷されると、心房心室細動の状態に、常時なってしまいますから、ペースメーカーが無ければ、生存出来ません。
ペースメーカーにも寿命がありますし、ダウン症候群を考えると、20年したら、かなり厄介な事が起こる予想は付きます。


最後の方は、一見、健常者と変わらずに見えます。会話も普通の世間話が出来ます。夜尿が時々ある様子ですが、本当に、健常者と変わらぬ様に見えますし、ほとんど自立して、生活が出来ます。

手帳を見た事がありませんし、情報票自体がないので、さっぱり判らない。一人暮し支援で、いけそうな気さえします。

が。お金の勘定が出来ないですね。保護された環境でないと難しい、決定的な何か、がおありなのだろう、迄は、推察出来ますが。




特に、自閉症がおありで、厄介払いされた様な方々は、一見、傍若無人で、我が儘放題、人の迷惑顧みず、好き勝手に生きているかの様に、思われがちです。



実は、一番困っていて、いつも辛い生活をしているのは、ご本人達です。



さて。私は、利用者さん皆さんの生活を、実り多いものに出来るでしょうか?


今判るのは、ここまでですね。


明日は休みですから、私も休み、家内の世話をしないとね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック