bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



てんかん発作のある方の移動支援
てんかん波のある方は、ご本人が気付かない程度の方を含めると、かなりの方がおいでになります。


知的障害者の方には、割合が多い様に感じますが、事実は良く知りません。昔、措置時代の入所施設でアルバイトをしていた頃は、2つの部署に分かれていて、1つは、発作棟
もう1つは、行動障害棟
等公然と称されていましたから、事実なのかも知れませんね。


本日、ご一緒した方は、かなりの量の薬を飲んでいますが、難しいタイプなのか、毎日、大きな発作が夕方〜夜に掛けてある方です。
夕食を一緒に、と言う依頼でしたから、早めの夕食にして、ご家庭と同じ時間に、薬を飲みましたが。


帰り道がヒヤヒヤでした。その方の特大発作みたいなのを、ショートステイ枠で一晩中見守った事がありますから、何となく怪しい様子は、判ります。


ご本人は、予知はしていると思いますが、怪しいと感じたら休む、は無理。

寧ろ、危ない足取りで、頭が下に下がり、周囲の様子が目に入らず、躓く様に、どんどん行ってしまわれます。

言葉を掛けても、頭に入らない様子があります。

帰り道の電車の中から、ああおかしかったのですが、ご自宅の最寄り駅を降りたら、いよいよ怪しくなりまして。

何か言っても頭に入らないのでは、どうしようもない。


こういう時は、とにかく本人さんにくっついて、いつ躓くか、発作になるか、判りませんので、そのつもりで、どんどんスピードが早くなる本人さんに離されない様にするしかないですね。


いやあ。発作寸前のご本人、危なくて、本当に怖いです。転倒に備えて、保護帽子は使っておいでですから、ドーン!と倒れた時は、抱えて一緒に倒れるしかないのかな?

私が特大発作に出会ったのは、ショートステイ枠の建物の中でしたから、剛直していく前に、何とか布団に座って貰っては、本人さん、パッと立ってしまい、の繰り返しでしたね。


実にギリギリで、ご自宅に着きまして、お母様の顔を見たら、やや和まれた様子でした。

本日は、お母様が仕事で遅くなられるので、支援者と夕食なのでした。

楽しみ半分、ちょっと寂しいのかな?暑さも暑かったです。最初に飲み物を一緒に飲みましたが、とにかくせっかちに、ずんずん行ってしまわれて。


最初は様子は良かったのですが、いつもより、かなりせっかちでした。


私も妻も、幸いにして、てんかん波がないので、実感が判らないんですよね。


お陰様で、心臓イカれている私は、大した仕事ではないのに、心身共に疲れ切ってしまいました。


7月から負担を軽くして貰える予定の職場に移りますが、さて、いつまで現場が出来るやら。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック