bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



虐待事案
インターネットに、相談掲示板の様なものがありますね。

時々閲覧します。世の中、色々な事が起こるのだな、と思います。

ちょっと気になる質問が出ていました。匿名掲示板ですから、事実かどうか、は確認しようがないですが。

若い成人の女性からの相談でした。最近、増えている案件ではないかと感じました。


ご両親共に、その方への虐待が日常化しており、幼い頃から、18歳迄、児童擁護施設で、避難生活を送られたとの事。


18歳で、児童擁護施設は退所になります。自宅に帰ったところ、両親の虐待は、解決されていなかったそうです。

父親からは性的虐待が日常化。

で、追い出されたとの事。

詳しくは省きますが、虐待が日常化の為、文字通り、放り出した、と考えて下さい。

児童擁護施設で育った方、免許証を取得していません。住民票が取れない。

健康保険証は、自宅にはあるでしょうが、虐待両親が渡してくれる筈もなく、都会に出て来られ、男性宅を転々とされている、とありました。

男性が若い女性の面倒を見る、とは、何が起こるか、想像通りの事になります。
役所等には端から相談されたそうですが、若い女性、しかも、児童擁護施設で育ち、自宅に帰ったら、再び虐待日常化、あっという間に追い出された、では、役所に太刀打ち出来ません。


考えちゃいました。


私は法律屋の息子です。

解決出来るかも知れない方法は、見当は付きます。虐待事案ですから、弁護士会の相談センターを利用して、民事事件として、文化的最低限度の生活が出来る様に、事柄を整理して貰う、です。

弁護士が事件として受けてくれれば、整理作業の一環で、住民票も、戸籍謄本も取れます。戸籍は分籍して、住民票には、虐待被害者として、DV保護法を使って、保護を掛ける。

身分証明が出来れば、生活保護がまず受けられます。住まいも確保出来ます。

働いて、その分をきちんと申告し、いつか自力で生活出来る様に努力が出来ます。



これ、成人になったばかりで、常識的な家庭環境で生育されていない方に、自力で出来るでしょうか?

不可能でしょう。

役所に何とかして欲しいと訴えても、家庭の事情には関知しません、とか、身分証明がないなら、自宅に取りに行って下さい、で終わりです。

民間支援団体はありますが、利用の仕方が判らないですね。

生活保護を受けたくても、家族に収入があるなら、受給出来ません、とか言われて、申請自体が出来ません。



片や。


年金保険料を払いたくない為に滞納し、働かず、ちゃっかり生活保護を取る方、つまり確信犯が激増しています。

必要な方に、必要なだけ、必要な期間、支給されるべきが、生活保護でしょう。
家庭の問題は、家族で良く話し合って下さい、と追い返し、死者が出る事は、あちこちの役所で、頻発しています。

DVで夫を訴えて、夫が略式命令を受けた様なケースで、夫に、妻の方の現住所が判る書類一式、ご丁寧に渡した、バカ裁判官も居ます。

裁判官が、被害者の情報を加害者に提供したなんて、余りにバカで、空いた口が塞がらない。

弱者は法律の要件を満たした人だけじゃない。



どうなって行くのだろう?ニッポン。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック