bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



時計の話

私、時計の恐怖症でしてね。
今は何時だ と言うのを、強制的に見てしまうのがダメなんです。
なので、わが家のリビングには、時計はありません。私の部屋にも目覚まし時計の類、一切ありません。
パソコンの時刻表示、オフにしてあります。
PHSの画面(一般の方は、携帯電話とか、スマートフォンとか)にも、必ず、時刻表示が出て、あれ、消せないですよね。
なので、PHSの時刻表示は一番小さくしてあって、かつ、見たくない時に、メールを打ったり、電話に出たりする時は、時刻表示を指で隠して、絶対に見ない様にする徹底ぶり。


変ですよね。
昔(20年くらい前かな?)ちと精神疾患やりまして、その名残です。

とは言うものの、仕事している以上、仕事していなくても、生活上、時間が分からないと困る時もある訳です。
ですから、腕時計だけは持っています。

こんなのです。
SwissMilitary

SwissMilitaryと言う、時計屋さん?メーカー?です。
画像を貼りたいところなのですが、保存形式が?違う?らしく、うまく貼れません。


このメーカーのを使い始めたのは、介護屋になってすぐですから、10年以上経ちますか…
ベルトは、時折駄目になって、交換します。
電池は5年くらいは持ちますが、メーカーに出さないと電池交換できないので、早くて10日、大体2週間くらいかかります。

ベルト交換はしていますが、本体はずっと同じもの。
なんで、このメーカーのなのか と言いますと、10気圧防水なんです。
俗に100メートル防水なんて言いますが、私は心臓病患者ですから、(先天性ね)小学校の頃、プールの授業が受けられなくて、泳げません。だから、潜る必要ないし、そもそも潜ってはいけません。
なんで10気圧防水なんか要るんだ?と言う事ですが、入浴介助とかね。炊事の仕事も有りますし。

で、生活防水では足りないので、このメーカーのを偶然見つけて、以来、愛用しています。
今でもありますが、ケースに時計本体と、ベルト3本がセットになっているのがあるんです。
現在、19,800円だったか と思います。私が買った時には、15,000円でした。(税別ですよ。確か。)

1回電池交換に出したのですが、最近また、秒針の進み方がおかしくなりまして、電池交換に出しました。10日くらいで戻ってきましたね。
最初はアルミのベルトを使っていたのですが、アレルギー体質なので、接触性皮膚炎を起こしてしまい、使えなくなってしまいました。今は余程の事が無いと、腕時計は腕にははめません。
腕時計にならんじゃないか と言う事になるのですが、ジーンズのベルト通しにはめてます。

ジーンズが多いんで、ベルトしないんです。行儀悪いけど。ベルトでうっかり締めつけてしまうと、腹に接触性皮膚炎が出来る。
厄介です。

隣の駅の駅ビルの中に、とある時計の小売店があります。こんな田舎ですが、そのチェーン店なら、取り扱っているので、そこにいって、『SwissMilitary、電池交換なんだけど。』と申し出ると、素早く受け付けてくれました。

防水機能付きの腕時計の電池交換って、メーカーさんに出さないとダメなんですよ。
時計としては動きますが、一回、普通の店で電池交換してしまうと、二度と防水機能が戻りません。
電池が入っているけれど、蓋はこじ開ける事になる訳で、防水処理もしていない訳で、水が入ってしまうから。

その分、電池交換代金が高いですが、5年は間違いなく持ちますので、私は気に入って使っています。


ミリタリーの時計、つまり、軍用時計って、どんなものか知りませんが、ベルトが、こちらのメーカーさんは、革(本革に見えますが?)か、金属(アルミですね。銀色の)が多くて、ナイロンのが無いんです。布は少々あります。本当に軍用に使う時計って、陸海空 どこででも平気な様な作りでしょうし、ベルト部分って、何なら、良いんでしょうね?やっぱりチタンなんかの、強い金属でしょうか。

本物の軍用時計ではない様なので、ファッション性の高い、革、アルミ(だと思う)のベルトが多いです。軍用時計を模して、様々なミリタリー機能が付いたタイプもあります。私が使っているのは、リンク先をクリックして頂くと、『classic』と言うシリーズがありまして、一番下の方に載っていますけれど、それのベルト違いを使っています。

ごく最近までボロボロになっていたのですけれど、黒のナイロン風のベルトを使っていましたが、電池交換の際に、迷彩柄(これは最初にセットになっていたもので、今、カタログには掲載されていません。)の革のに替えました。こちらも、しばらく使っていたので、やや痛んでいるのですが、ちょっとハサミで手入れして、今は腕に付けませんので、余り濡れる事もなく、しばらくはこのベルトで使おうかな と思っています。


後にも先にも私が持っている時計は、これ1つだけ。

これが丈夫で安くて軽くて、壊れない。

介護屋のブログに腕時計探しに来られる方はいないと思いますが、海のスポーツ等なさる方にはお勧めします☆

カタログはこちらから


http://www.swissmilitary.jp/catalog/vol.15-2.pdf(PDFファイルです)

私のは、最後のページのclassicタイプの、下段右のタイプに、3本、交換ベルトがついたものでした。黒のナイロンっぽいベルトは、上の方に有りますね。下の方に、レザーの黒などがありますが、私が持っているのは、色が、緑色。アルミチックなのは、classicのページの下段右側と同じ。迷彩柄のは、ぱっと見ると、布?に見えるのですが、実はレザー。これらのベルトは時期に寄り変更になるものがあります。

ベーシック等と書かれているベルトはいつでもあるみたいですよ。

共通取扱説明書はこちらから

http://www.swissmilitary.jp/catalog/manual.pdf






スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック