bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



さて、行って来ました
とある自立支援メインの事業所さんに、行って来ました。

その部門の責任者の方と、お話が弾んでしまい、2時間くらい居てしまいました。

今、私が探しているのは、正社員の仕事ではなく、登録ヘルパーで良いので、二ヶ所くらいを掛け持ちして、今までしてきた様な仕事で、生活をして行く事が出来る仕事です。


結論としては、今日行った事業所さんで、ある程度の金額を得る事は、難しいと判りました。

理由は、女性のヘルパーさんを希望される利用者さんがほとんどで、男性ヘルパーには、仕事がほとんど無いのだそうで。

事業所さんに寄りますね。
居宅支援メインの部署でした。僅かで良いなら、登録するのは宜しいそうです。
話が弾んだのは、責任者の方のプライベートが、私と良く似ていたから。

女性の責任者の方でしたが、パートナーさんが私の妻と同じ精神障害者の方だそうです。

私も身体を壊していますが、その方も、障害者手帳こそ無いものの、薬が欠かせない、かなり厄介な病を抱えておいででした。治癒しない疾病です。

明日、面接に行く事業所さんと、利用者さんがだぶっています。ちょっと想像していたのですが、当たりでした。

明日の所で、ある程度仕事が貰えれば、今日の所にも登録させて貰って、何とか生活出来ると良いなあ、と思いますが、さて、どうなりますか。

昨日、既に少しなら仕事がありますよ、と言われている所に、もう一度話をしたくて、訪問したのですが、突発事項が起こって、社長さんが、穴埋めに、サポートに行かれて、延期になりましてね。

これ幸いと、木曜日に延ばして貰いました。

そちらは、反対方向で、ちと通勤や、サポートに回るのに、少々難があります。事業所としては、私は気に入りました。仕事してみないと判りませんが。

が。今提示されている仕事は、介護保険のみの仕事で、先々、自立支援メインの仕事が出来るか、判らぬ所があるんです。


こういうものは、縁ですからね。

で。

これから何処に行くか、と言うと、理学療法さんです。2ヶ月開けてやっと又、行ける様になりました。120日又、通えます。そしたら、又、2ヶ月休みです。
ギリギリセーフで、間に合いそうです。


医師の診察と、レントゲンも撮って下さるそうです。2ヶ月開けた結果は、どんな案配でしょうか?

医療費削減政策で、継続して、ずっと通う事が不能になったのです。

いや、出来ない事はないのですが、抜け道的な制度が、診療報酬が又下がり、ペイしなくなったから。

肉体労働していると、理学療法あってこそ、なのですが、仕方無いですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック