bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



フィンガー5(古すぎますが)
ええと。妙子さんが私より、1つか、2つ、上だったと思います。晃さんは、今も何やら、音楽活動忘れられzす、昔のお仲間(フィンガー5のメンバーさんではなくて)とユニット?と言うのかな?組んでおいでだそうですね。

ディ・ドリーム・ビリーバーって、忌野清志郎さんが、仮名でやっていた、『タイマーズ』にもありましたね。元々の翻訳って、知らないのですが、私が知っている、デイ・ドリーム・ビリーバーは、フィンガー5の、『学園天国』のLP(ああ、年が分かる)に入っていたものですので、翻訳が全然違います。
今、CDになっているのかな?当時の『学園天国』のLPの方?

学園天国以外は、全部、アメリカの当時流行っていたものの、翻訳です。
歌っていたのは、どなたなんでしょうね?元々の英語のその他の歌?

其中に、ディ・ドリーム・ビリーバーもあります。
正夫さん?(三男さん?)が歌っていたかなぁ…(晃さんには高すぎた気がします。変性期前ですから)



ああ、もしも、僕の夢が覚めたら あの時計 ふふ~ふ~

おお、今はとてもいい気持なの 誰かベルを止めて

知らない国、夢の国、ふふ、いつまでも僕 居たいの


ああ、長い 坂の向こうに 花が咲いている~

おお 夢の続き続き見ていたいから 揺すらないでいてね

知らない国 夢の国 ふふ、いつまでも僕 居たいの ♪

こんな歌詞だったと思います。


LPの中で、一番当時好きだったのが、『ステッピング・ストーン』と言う歌でした。
直訳すると、『跳ねる石?』でしょうか…

簡単に歌詞を書きますとね。

あーあーあーあーあー子供じゃない

あーあーあーあーあー子供じゃない

君は年上気まぐれで 映画やデイトに誘う

僕の心はこんなに 恋に燃え始めているのに!


あーあーあーあーあー子供じゃない

あーあーあーあーあー子供じゃない

そんなきれいな目をして 僕をからかうのは止めて

夜が更け、分れる時に 僕の気持が分かるかい?

あーあーあーあーあー子供じゃない

あーあーあーあーあー子供じゃない


以下、スキャット的に晃さんの、なんて言うんでしょう?即興の絶叫みたいなのが入るんですけど。

当時のフィンガー5って、うまかったのか、下手だったのか、今となっては判りませんが、この『ステッピング・ストーン』だけは、今でも凄い と思います。あの年齢の晃さんだから、歌えた歌でしょうね。
物凄く高い声で、ある程度かなり若い男性でないと、様にならない歌でした。

ジャクソン5(マイケル・ジャクソンさんが居た、家族グループですね。)の真似で、フィンガー5とか聞きますが、LPに入っていた歌が、ジャクソン5のものかどうか は私は知らないんです。


晃さんを思うたび、思う方があります。現在、何かの刑事ドラマ(の様な物 女性が主人公でした)の主題歌を歌っているのが、『三浦大知』さん。今、20代前半と思います。

その昔、フォルダー、フォルダー5 等と言う名前の小学生アイドルグループがありまして。
その中心で、歌い、踊り、していたのが、『三浦大地』くん。広島の出身で、当時小学校4年生でした。収録の度に、東京やらへ出てきていて、普段は普通に小学校に通っていた と記憶しています。
この『三浦大地』くんの、ボーイソプラノと、声量と、ダンス力は凄かったんですよ。


で、変性期で、男の子のメンバーは消えて、女の子だけのグループになり、そのうち、女の子だけのグループも消えてしまいました。
それから何年経ったか、10年くらいかな?
『I,m back』と言うタイトルのCDが出来ていて、あれ?と(一時インターネットの視聴コーナーなんかで、DVDの一部を流して宣伝していました。)見て、!『三浦大地』だ!!! と思ったら。

『大地』は芸名なので有りました。本名は『三浦大知』です。読みは同じ。『みうらだいち』

売れていませんが、下手なダンスアイドルより、ずっとうまいです。(と言うのは私の好みかな)



追記

ディ・ドリーム・ビリーバーの原曲は、ビートルズだそうです。(情報源は妻です。さすがにビートルズ来日時は、お子ちゃまでした。私は、生まれていませんよ♪)
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック