bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



障害者食堂
前の職場が、合名会社を作って、障害者も、健常者も、誰でも気軽に入れる店、と言う食堂を開いて、半年くらいになります。

私は、こういう中途半端なのは、大嫌いですが、時に、利用者さんをお連れする事があります。プライベートでは、絶対行きませんが。


本日、夕食をご一緒する利用者さんの仕事をしまして、様々な都合から、その食堂に行きました。


最初の頃は、身内ばかりしか居ませんでした。身内しか来ない店、儲かりません。

本日行きましたら、最初の頃、一人暮しで、ヘルパー支援が入っている様な利用者さんが、自炊の日は、面倒なので、しょっちゅう食べに来ていました。

本末転倒です。

本日行きましたら、今度は宴会が入っていて、物凄く狭い店なので、カウンター席が詰めに詰めて、四人分しか席がない。

宴会は勿論、煩いですよ。

ついでに、四人分しかないカウンター席の、利用者さんの隣に、福祉オタクさんが座って、様々なあちこちに聞いて、調査してます。

利用者さんの隣でやられると、非常に困ります。素晴らしい!等、絶賛なさっていて、どうやら、先進的な福祉の何か、に行ってみて、調査するのが趣味の方みたいでした。


狭すぎる店が一杯の時に、お酒が入っておいでの様で、大声で喋られるのも、困ります。

だって。

障害者福祉食堂と理解して来たのでしょう?隣はまさしく、当事者さんです。私が付き添いなのは、見れば判る。

したらば、付き添いに、当地の障害者福祉環境なんぞを、煩く聞くものではありません。利用者さんが、あなたの隣にいるんです。


本当に狭苦しい店なので、定食を案配して貰って、利用者さんと食べて。

利用者さん、明らかに不安そう。さっさと出て、近所のケンタッキーで飲み物飲んで、気分直ししてから、ご自宅にお送りしました。

手間隙掛かっている割に、びっくりする程安いんです。利益の出ない中途半端な店は、誰をターゲットにしているか、が、はっきりしませんので。

ボランティア的に働いている理事の人達が、くたびれたら、閉店でしょう。


障害者も気楽に入れる店、なんて、私達、支援者は、幾らでも作ります。

今の状態なら、障害者福祉について、語りたい人達をターゲットにしないとダメですね。

見切り発車は、大抵ろくな事にはならんのです。
安いので、健常者の常連客が山程居ます。

障害者料金と、健常者料金、作った方が良いです。営業時間も、非常に中途半端。

何のための店なのか、全く判らん店で、やっぱり失望して帰ってきた事でした。

福祉的就労も扱っていません。料理の得意な主婦の理事が、手間隙、時間を掛けて作っていますから、福祉的就労にも馴染まない。


困ったものです。近所の健常者の常連客が恩恵受けてるだけ。の店ですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック