bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



小さな進展
17日木曜日に、妻の難しい事の相談に、専門家の方に相談に行きました。
昨日、18日は、妻には記憶が全くありません。断片的な事柄の記憶はある様ですが、昨日一日が薄ぼんやりとして、実感が全くないそうです。

妻にとって、その事柄は、今までの人生を支配してきた、非常に困った事柄の様で、余りに相談に、気力を使い果たしたのでしょう。

私もアルバイト、就職活動、職安への検索、就職カウンセラーへの相談、履歴書書き、職務経歴書作り、応募、連絡待ち、妻の介護等で、仕事がきちんと有った時よりも、物凄く忙しいです。お医者さんも今まで通りいかねばなりませんし。

で、今夜、夕食を食べに行きました。
日中は二人とも寝込んでおりまして、私は洗濯と掃除(自分のエリアだけ。妻のエリアは本人が、ヘルパーさんにお願いします。)だけして、疲れから起き上がれない状態でした。

夕方と言うか、夜に入り、『本日の予定は、風呂に入る事と、飯を食う事』と妻に伝えてありましたので、先に入浴して、夕食を食べに行きました。妻の様子が少し昨日とは違います。冗談が通じます。買い物もしたいとて、夕食を取った店のそばで、本人が必要としている物を買い求めました。

心身ともに疲労困憊して、翌日の記憶が全くない状態から、ほんの少しですが、持ち直しました。
勿論、明日は又、いつもと同じに寝込む事は間違いないのですけれど。


何か有ると、1週間はどうにもならなかった妻が、ごく稀ではありますが、心労で、どうにもならなくなって、1週間はかからずに、2~3日で少しだけ持ち直すようになってきました。本人の努力の成果だと思います。医療支援と生活支援の両方が軌道に乗って1年と少しでしょうか。
やはり社会資源は大いに利用してしかるべきとつくづく思います。

私の方が余りにやるべき事が多すぎて、アルバイト収入は常勤職員の頃の4分の1、5分の1ですが、其頃よりも大幅に追いまくられるようになっております。
気長に少しずつやらなくちゃなぁ と妻を見ていると思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック