bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



検査拒否?
昨夜、殿様と夜勤で一緒でした。今朝、心エコーの検査があり、延長で行く様に、と、世話人から指示がありまして、行って来ました。

それなりに、殿様には説明して。

で、時間になり、呼ばれまして、同行すると、いきなり技師さんに言われました。『検査拒否がある方ですね?大丈夫ですか?』


???


意味が判らん。


3月に意識障害らしき事があったそうで、その時、暴れて、出来なかった検査があった、と、どこかで読んだ気がしますが。


病院のデータベースに、『検査拒否者』なんて、常勤の世話人、何をやらかしたんだろう?

慌てれば慌てる程、不安を掻き立てますから、痛くも痒くもない検査でも、不安で大暴れ、と言うのはあり得ます。


常勤の世話人が同行して、それは幾ら何でもねぇ。

完全ではなくても、ある程度動かずに居てくれれば、技師さんは、何とかしてくれます。

心エコーは左側を下にして、壁を向いてくれないと、撮りにくいのですが、殿様、壁向く意味が判らんので、それは無理。

上向きでも、技師の方は、撮れない事はない様子でした。

普通は衣服をめくれば済むのですが、裾を引っ張ったりすると、うまく撮れないので、シャツは脱がせてしまいました。

目の前にベッドと枕があるので、さっさと横になりましてね。女性の技師さんでしたから、じーっと技師さんを見ながら、ごくごく普通に、エコーを撮れました。


暴れる様な事をするから、暴れるんでしょう。


検査が終わってから、売店でジュース飲んで貰いました。


勿論、息を吐く、吸うの指示は入りませんから、適度に技師さんに、苦労して貰った甲斐がありましたよ。

長年、きちんと検査した事がなかったのですが、本日の心エコーでは、先天性の殿様の心臓疾患の、顕著な症状はなく、心肺機能は、年齢相応に、非常に良好、との事でした。



連絡すべき偉い職員さん達には、すぐ知らせたのです。終了報告として。全員の方から音沙汰ゼロなのは何故だろう?

判りました、一言で良いのに。他意はない様です。判って不具合無ければ、返事をしない習慣の職員さん達なので。

検査拒否者 と言うデータベースのレッテル、剥がしておいて下さいよ。病院さん♪
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック