bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



妻の通院と、民生委員さん
今朝、妻が2ヶ月分、薬を処方して頂いている病院に、本日は行けそうだから、行って来る、と申しました。すぐ出掛ける様子でした。私も用事があり、出掛ける支度をして、あ!と思った事があり、とっくに出掛けた筈の妻に電話をしましたら。

反応が変です。急転直下、具合が悪そう。?まだ家の中?「まだ、うち?」て聞くと、そうだ、との事で、妻の部屋に行くと、寝間着のままで、ベッドに倒れ込んでいます。
物凄くだるくなって、動けない、との事。


なんで、いきなりだるくなったか、判るか、聞きました。本人は判らない。


私は残念ながら、プロなので、自分の女房ですし、判ります。


いつも不調で、寝た切りが、妻の普通の状態です。それが、懸案の通院に、今日は行けそうだ、と思い、かつ、火曜日の午前中しか、診察がないので、今日を逃すと、又、来週になる、薬もそろそろ切れる、行かないといけない、と妻は思ったのですね。


その病院さん、妻が歩いて行くには、少し遠いです。15分くらいですが、バス停で2つ。妻が歩くと、30分近く掛かりますね。しかも、バスの本数が、妻の感性では、少ない様で、バス停で立って待てない、と感じる様です。


病院さんのシステム上、どのくらい待つか判りにくいそうで、大体何時間か、待つ、と言う認識らしい。


で、亭主に宣言しちゃいました。


いきなりだるくなって、動けないのは、障害故に、身体が防衛本能を作動させたんですね。


私も用事で外出しますから、説明して、諦めて行っておいで、と、引導渡して、出て来ました。




民生委員さんの話は。

当自治体には、災害時要支援者名簿、と言うのがあります。独居高齢者と、重度障害者には、名簿登載して欲しいか、自動的に、申込み用紙が来ます。


私は重度障害者ですから、自動的に来ます。妻は、制度上は、中度なので、申込み用紙は来ません。


我が家は、私は災害時には支援者ですから、名簿登載は不要ですが、妻には支援が必要なんです。


仕方無いので、私を名簿登載して、妻の情報も何とかしよう、と、考えました。

災害時キットが来るのです。そのキットの中に支援が必要な事を書いて、入れておくのですね。救急車を呼んだ時も兼用です。


で。必要ないけれど、私を名簿登載した後で、ひょんな事から、条件に該当しなくても、申請をすれば、名簿登載出来る事を知りました。プロの私が知らなかったのですから、一般のご家庭は知らないと思います。

名簿登載して半年。
やっと今朝、民生委員さんが、キットを届けに来ました。


民生委員さんは、配るだけです。記入は大変面倒です。私が書けますから、私が書いてしまいますが、要支援者本人が、正確に書ける訳がない。


それはさておき。


黙っていると、民生委員さんは、渡してさっさと帰ります。そこで帰しちゃダメです。連絡先を貰うんです。


朝は時間がなかったので、ざっとしか話をしませんでしたが、明日にでも、私が連絡をします。


我が家の状態、特に妻の状態を説明して、時々訪問して貰います。顔と名前と普段の状態が、民生委員さんの頭の中に、インプットされているのと、いないのとでは、天と地程の差があります。


何かが起こった時に、頭に浮かぶかどうか、の瀬戸際ですね。更に、名簿には、身体障害者手帳一種一級、しか登載されません。何の障害があって、何が困りのか、は、全く反映されない名簿です。ないよりマシですけど。


私は支援者だから、災害時には、自宅にはいません。妻は常に支援が必要です。それを伝えて、妻宛てに訪問を依頼するのです。


万一、私が心臓の不具合で、失神発作等を自宅で起こしたら、妻には何も出来ません。そんな時に、助けを求められる方が、近所にいるのは、大切です。


そんな時の為の予防線は、1人でも多く張っておかないと、名簿登載は役に立たないんです。


我が家は私が記載出来ますからよいですが、独居で、名簿の意味も判らない方も、沢山おいでになります。

東日本大震災前からのシステムで、自治体の高齢者福祉課は、自信満々ですが、障害者福祉課は、全くタッチしていませんし。


ないよりマシなシステムですが、漫然としていたら、機能しないシステムでしょうなあ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック