bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ビックリした手帳
ある手帳に驚いた話ではないのです。

いつものように、インターネットザッピングをしていたら、『外国人が驚く日本人の習慣』の様な事を、動画サイトのギャオ で時々やってますが、それに行きあたりました。

中国人の留学生の方が、『日本人はみんな手帳を持っている。信じられないですか?では、街の人に聞いてみましょう』と言う事で、数分の番組がありました。
持っているヒトだけ、編集したのだろうと思いますが…

皆様、手帳、使いますか?
それ以前に持っておいでですか?

私は使った事がありません。
若いころ、気取って、持っていた事もありますが、手帳を活用して、何かをした事って無いんです。
手帳が必要な暮らし方をしていないのです。

じゃあ、スケジュール管理はどうするか?等と聞かれそうですが、通院なら、診察券に記入されていますし、予約票が出るところもありますし。自分が好きな時に行けばよいところもあります。

仕事なら、シフト票がありますね。見れば判ります。
遅刻しない様に、交通機関の時刻表は、その予定の前に調べて、そこらの紙切れに書いておけば良いです。
遊びの約束なんかは、滅多にありませんが、PHSにメールで知らせが来たりしますので、そのメールを消さないでおけば済んでしまいます。

私はきっと、メモ帳の紙切れで済ませているんでしょう。
イヤ、メモ帳の紙切れも、大して使わない(メモ帳は自室の引き出しにいつも入っています。)そこらの裏紙に書いておしまい、が多いかも。

そもそも、管理しなくちゃいけない様な大層な予定が無い人生なんでしょうね。


スマートフォン等と言う、新時代の携帯電話とパソコンが一緒になったものが大流行ですね。
スマホ等と、妙な略し方をしていますね。高校生あたりでも、結構持っている様な。電車の中で見かけます。
妻は、SEの親玉をしていましたから、そういう機械は大好きで、今も欲しい様ですが、妻なりの目的があって、それを満たすには、もう少しスマートフォンが進化するのを待たないとだめらしいです。
『タブレット』とか言いますから、『トローチね。カルミンとか、ジューシーフルーツとか(カルミン、ジューシーフルーツは、お菓子のラムネに近いですが、もっと硬度が高くて、キャンディーの様に長持ちするトローチ型の子供のお菓子ですよ。大きさが大抵、トローチサイズ)。』と返事をしたら、そうじゃない様です。

『あなたにタブレットと言った私が悪かった。』とか、妻は言っていました。
まあ、何となくは判ります。なんでトローチも、ミニパソコンの様な物も、『タブレット』と言うのかは知りませんが、妻の言う、タブレットは、例えばスマートフォンの様な物ですね。


『私にスマートフォンが必要だと思う?』と聞くと、『絶対要らないと思う。』と至極正しい返事が参りました。

私はご存じかと思いますが、今でもPHSです。今時、PHSを使っているのは、病院の業務用くらいでしょうね。以前は病院勤務者には、PHS会社で、サービスプランを出していたようです。私は介護屋ですが、病院勤務ではないので、そのプランは使った事がありませんが。

なんでPHSかと言えば、ほとんどはメールか、ブログの更新(メールアドレスに送信するタイプです。インターネットに繋ぐ必要がありません。メールを書けば良いんです。このブログ。)、少々の電話ですかね?自宅の固定電話の子機が作動していた頃は、子機から掛けていましたが、壊れてしまったので、リビングまで行くのが面倒と言う事もあり、PHSから掛ける事が非常に多くなりました。子機が作動していた頃は、PHSから電話する事なんて、無かったです。外出先でやむを得ない事態が発生した なんて時くらいしか、電話としては使わなかったのです。

私にとって、PHSは電話機ではなくて、情報発信ツールですね。
PHSに拘るのは、仕事柄。
PHSは微弱電波ですから、入りにくい事、電話がかかってきても、鳴らない事が非常に多くありますが、履歴は出ますから、お掛け直しすれば済みます。
微弱なので、精密医療機器のある所でも、使えます。
電車の優先席に座っている時は嫌がる方がおありですから、出しませんが、私本人が、障害者ですから、優先席を使う事は時にはあります。(仕方ないので~見た目に重度の障害者に見えないので~身体障害者手帳を手に持って座る事しばしば)メールを打つくらい、何事ないと思いますけどね…
喋るのは、煩いですから、まあ、止めた方が良いかな と思うけど。

そんな時でも、PHSは科学的には、ペースメーカーに影響を与えません。
与えないと判っていても、不安な方があるのは判りますから、優先席付近では、使わないけれど、ペースペーカーが携帯電話の類で、誤作動を起こすのは、滅多に起こらない、確率の問題です。

『これはPHSです。微弱電波ですから、影響を与える事が出来ません。』と説明していた時期もあるのですが、今は諦めて、『要するに、電車等の中で、ペースメーカーに影響を与え、生命にかかわる』としないと、マナー、常識が守れない人が多いんだな と思っています。

でも、医療現場にいる事が多いですし、可能性も高い筈なので、この商売を続ける限り、商売替えしても、きっと、PHSが存在する限りは使っていると思います。


手帳代わりに携帯電話、スマートフォン、な訳でもないので、本当に大した予定が無い奴なんですね。
で、そこらの裏紙にちょっと書いておいて、済んだらどこかに行ってしまう で事足りているんです。たまに、診察券を見間違えて、予約の時間よりも遅く行って、予約取り直しになる時はあります。
なんで、早い時間に間違えないんでしょう?大抵1時間遅く間違えます。
間違えた時は、仕方ないので、薬だけ頂いて、次回の予約をして帰るかな?


皆様、手帳って、必需品ですか?
私には非常に不思議な事柄です。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック