bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ぼういず伝説
CDを買ったと書きました。まず驚いたのは、デジタルの技術。原盤は78回転のレコード、一番新しい録音で、終戦直後です。現存しているのは、劣化で酷い雑音があるようです。YouTubeで聴けるのは、みな雑音が凄かったから。

ステレオ録音技術はないですから、モノラルです。それでも買って良かったです。

次にビックリしたのは、寄席やら、ドリフターズやら、馴染みの鼻歌の原曲が、実は、大昔の偉大な曲だ、と判った事ですね。

古い話ですみませんが、初代の林屋喜久蔵さんが、40年くらい前と思いますが、ネタで、妙な歌を大喜利等でやっていました。余り品のある歌詞ではなくて、イヤン、馬鹿ン、云々♪等と言うのですがね。

原曲があるようです。あきれたぼういずも替え歌をやってます。ジャズ?シャンソン?

ドリフターズが、これ又40年以上前に、ピンポンパン、と言う子供番組で、ピンポンパン体操、と言う、子供向けの体操の歌を歌いました。ドリフターズの総集編のCDに入っています。それも原曲がありました。
タフアフアイ、と言うハワイアンの曲でした。

芸能って凄いかも知れません。


ぼういず伝説には、全レコードが収録されているそうですが、初代メンバーさんが、出たり入ったり、戦争に行かれて、戦死されたりしているので、私の一番のお気に入り、声色玉手箱は入っていません。色々事情があるのでしょう。山茶花究さんが、大活躍されているのです。

途中、リーダーの川田さんが、取り残されて、他の三人の方が、テイチクに引き抜かれます。その後、坊屋三郎さんが、真骨頂を発揮されたようです。

坊屋三郎さん、益田喜頓さん、は、子供の頃、覚えがありますし。



結成当時は、洋楽、邦楽、取り混ぜてやっておられたのが、戦時色が濃くなり、江戸〜明治、大正の頃の流行の芝居のパロディ等が多くなったとか。

私は歌舞伎やら、昔の芝居の一節やらに記憶があるので、実は邦楽中心の、現存のものが分かりやすいです。洋楽の箇所は、出所が判りません。

リズム感の良い作品が続くので、興味を持っている、コーヒーさんのお母さんに、個人的にコピーを差し上げようか、と思い立ち、伺ってみました。コーヒーさんにプレゼントです。

当時、お父さん、お母さんは子供時代ですから、すぐには通じなくて、坊屋三郎さん、と言ったら、通じました。反応によれば、ご存知の様子。

妻しかコピーは出来ないので、頼んでやって貰います。若い方でも、なんとなく楽しめるとは思いますが、元ネタが判らないと、今一つでしょうか。



私の母方は、みんな芝居好きでした。歌舞伎です。なので、多少は私も判ります。流石に映像は残っていないみたいで、ちょっと残念です。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック