bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



妻の不調
長年の抑鬱状態が悪化して、双極性障害に症状が固定したもの、ですから、妻の普段の生活は、常時不調、常時寝た切り、が普通の状態です。何十年も掛かって、とことん悪化したものは、既に障害になっていますから、やむを得ません。私に心臓のフレッシュな大動脈弁が生えてくる可能性がゼロなのと、同じです。

とは言うものの、本人はいつも辛くてたまらないけれど、端で見ていると、波があります。

波をうまくくぐれた時は、まあまあ冗談も言いますし、夫婦で出掛けたりも出来ます。帰宅したら、バタン!で、数日は正体無く寝た切りですけれど。


今般は、波を被って、やや溺れています。陸に上げてやりたいのは、やまやまですが、今は無理。
私は何をやっとるか、と言うと、浮き輪にしっかりした縄をつけて、妻目掛けて投げて、輪投げの様に、妻に引っ掛ける事をしています。そして、縄の先は、動かないどっしりした物に、モヤイ結びで結んで、更に、妻が浮き輪から抜けない様に観察して、縄を握っています。


本人が陸に上がりたいとて、充分、浮き輪で支えられて浮いているうちに、気力、体力を蓄えるのを待っています。


動けそう、縄を掴んで、浜に泳ぎつく事が出来そうになったら、全力で引っ張って、妻を砂浜に救助出来る様に、準備してあるのです。


喰らった障害が重い程、少しバランスを崩しただけで、船から海に落ちてしまうのです。落ちたら最後、自力で浜迄辿り着くには、膨大な力が必要になっちゃいます。


何故、現在、そうなっているか、ですが。


1ヶ月程前に、妻の事柄で、法的な書類整理をして貰う為に、弁護士を依頼しました。妻の親族の絡みですから、依頼人は妻です。私達は、法的に今は夫婦にはなれません。


その大昔の慣習による、現在はあり得ない様な書類が、そのままなので、依頼をしました。余りにも恐竜が出そうで、素人には、自力では出来ません。少なくとも、法律屋の息子の私には無理です。遠く離れた現地、関係者もいます。


依頼してから、1ヶ月を過ぎて、最初のざっくりとした整理の書類が、いくら待っても来ないのです。やんわりと催促はしました。失礼にならぬ程度に。


夕飯後、妻はいつもの通り、正体無くベッドで眠りまして、日付が変わる頃、ゾンビみたいな様子で、手洗いに起きてきました。


何か言いたそうなので聞くと、弁護士からメールが来て、『緊急の事柄が出来てしまった。申し訳ないが、もう少し待って欲しい』と言う内容だったそうです。

いや、私は開封しないで、夕飯のあとに、そのメール、確認してありました。初めて聞く様に応対しましたら、かなりがっくりして、苛ついています。苛つく元気もない、かも。


妻は長年、書類整理が実質的に出来なくて、かつ、法的にやらねばならぬ事である事が、若い頃から大変気になっていたそうです。

自力解決も、自力で弁護士頼むのも、妻には不能なので、お膳立ては、私が全部やりました。やっと整理出来る、と期待しますから、すぐやってくれそうな話であったのが、1ヶ月経っても、下書きすら来ない事に、溺れているんです。


余りにショックが大きいのでしょう。それは、ゾンビにもなりますよね。


私は、妻の辛さが実感出来ません。なった事がないから、判らない。でも、妻が酷く辛いのか、普段通りに辛いのか、は、見ていればすぐ判ります。


あとは私が、ほぼ失業中な事でしょう。しばらくつましく暮らせるくらいの事は、充分出来ます。それは妻も、頭では充分理解しています。

理解していても、お金に苦労した過去等がある為、又、いつも不調な為、原因が幾つもあると、もうズタズタ、ボロボロになってしまいます。

たちの悪い事には、一度不安スパイラルにはまると、プラススパイラルに変えるには、落ちた何十倍もの辛さと、普段迄引き上げるに、厄介が様々生じて、なかなか平常になれないのです。


気の毒ですし、可哀想ですが、私に出来る事はないし。出来ても、私が解決してしまっては、本人、申し訳ないお化けが出るだけです。


こういう点が、妻にはかなりの頻度で起こるので、あとは本人が回復してくるのを、待つしかありません。

現実は、それだけに、全力投球が出来ませんので、大変厄介が続くのです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック