bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



理学療法士さんの研修会
普段、理学療法を受けています。心臓病のある者、関連痛と言うそうですが、左半身に痛みを感じる事があります。

又、あちこち手術していますし、前の職場の勤務形態が、余り一般的でなかった為、複雑な事情が絡み合い、全身に整形学的な不具合があります。

手術前後に、左半身に転げ回る様な痛みが襲ってきて、退院後、整形外科にお世話になる様になりました。
今は、妻が、電気やら、ウォーターベッドマッサージ等の、予約の要らない事で、その整形外科さんには、お世話になっています。

私の担当をしてくれていた、女性の理学療法士さんは、ご都合で、入院のある病院に移られまして、今は、その方から紹介して頂いた、別の整形外科で、理学療法を受けています。

前の整形外科の担当理学療法士さんとは、今でも交流があります。その縁で、プロの理学療法士さんの、スキルアップ研修会の、なんと言うのかな?モデル?実物?を依頼されて、お邪魔して来ました。

素晴らしい技術を持つ講師の方がおられて、その方が、実際に、患者に治療する、と言う時間があり、その患者の役ですね。

日本だけでなく、世界レベルの方だそうです。

凄い方でした。


理学療法に定期的に行く様になってから、自分の身体は、自分が動かして、不具合は解消しないとダメなんだな、は、判ったんです。
自宅で色々やってみますが、プロの方の数分には敵いません。昔は肩凝りでした。整骨院、骨接ぎ、いわゆるマッサージ、色々試しましたが、良くなる実感がなく、諦めていたのです。

女性理学療法士さんに出会い、今の理学療法士さんに紹介して貰い、自分の身体の中の筋肉等を、自分で動かせる様にならないと、何も改善しない、と知りました。

研修会の講師の方は、素人患者に判る様に、大変良く教えて下さいました。研修生の方は、皆さん、プロの理学療法士さんです。その方達には、プロの方の役に立つ様に、指導をされていました。

最初の女性理学療法士さんは、非常に研究熱心な方で、折ある毎に、仲間の皆さんと、自主的に実習なさっているそうです。


ああ!要するに、私は実験台ですね!

今の理学療法士さんは、最初の方の、年下の先輩に当たるそうです。転院して、確かに技術の差を感じました。今の方の方が、私には実益があります。

講師の方が実際の治療として、なさった事は、今の理学療法士さんのやり方に、かなり近かったです。技術力には、差があると思いますけれど。

身体の中の筋肉や、ポジション等は、自分で修正出来るのですね。色々試して下さいましたが、上肢にはこれ、下肢にはこれ、と、自分でやるポイントを丁寧に教えて頂きました。その講師の方の治療は、自費扱いだけで、プロのスポーツ選手等が、一時間あたり、1万円で利用されているそうです。


いやあ〜。凄かった!


ちょっとだけ自慢しちゃいます。自宅で、なかなか毎日継続して、訓練する、と言うのは、素人には大変ですよね。

ちょっとサボっていました。

が。今の理学療法士さんが、同じ様な方法で、自分の身体を動かす事を教えて下さっていますので。

こういう風にして下さい、と、講師の方に言われた事は、大体出来ました。勿論、的確なご指導があればこそ、です。

今の理学療法士さんに指導を受けていますから、言われている事は、かなり理解出来て、実行出来ました。

研修生の方が、ポツリ、と、凄い!と言って下さいました。患者歴3年くらいですが、患者が実践出来るか、出来ないか、と言う事かな?


保険制度改正で、次に今の理学療法士さんにお世話になるのは6月ですが、自分の身体は、自分で管理出来る様になりたい、と思いました。

身体はたいせつに使いたいですね!

良く教えて頂いて、謝礼を頂きまして、何だか申し訳ない感じが致しました。

介護屋も、利用者さんのちょっとした不具合は、素人なりに、何とかする場合があります。仕事にいかせたら良いな、とも思いました。


何でも、本当のプロの方は違いますね。まだまだお若い講師の方でした。

早い内に、お礼状を書きたいとおもいます。大変貴重な一時でしたよ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック