bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



昭和色々
YouTubeと言うのがありますね。投稿やコメントはしないので、閲覧を楽しんでいます。ザッピングも良くします。

昭和、と言うと、古臭い過去なイメージがあるようですね。私は昭和の真ん中くらいの生まれ、育ちですから、余り古臭いとは感じませんが。


あちこち見ていたら、色々なものが出て来ます。昭和天皇陛下の崩御あられた時の、色々な動画やら、音声やらにも、ぶつかりました。

思えば、激動の時代でしたね。大喪の礼は、丸一日放送になりましたっけ。社会人駆け出しの頃でした。会社員でしたよ。


ああ!と思い出した事があります。右側に候補?似たもの?が出ていますね。

その中に、さいざんすマンボがありました。思わず再生して、そこから、トニー谷、を追って行くと、いくつか出て来ました。

さい ざんすマンボ、チャンバラ マンボ、あんたのお名前、何ぁんてェの。

ここで更に気づく私。

重要、ではないかも知れませんが、テープが貴重な時代です。映像が残っていません。たまに残っていると、著作権で、消されていたりします。

TV会社や、芸能会社、芸人さんのご遺族等が、寛大な方々なら違うのかな?


うろうろしているうちに、あ!あるかも知れない!と、探したのが、市丸さん。明治生まれの地方の芸者さん出身の方で、浅草で華開いた、芸者出身の歌手の方です。

三味線ブギウギが有名でしょう。昭和24年の発表です。最近。うめ吉?たる方が歌っていますが、芸者さんも時代が違います。

目に焼き付いている、市丸姐さんが、お婆さんになった頃に、何かのTV番組で、三味線ブギウギを歌う場面があります。

探しても、どーしても出て来ないので、映像が残っていないのでしょう。

並び称された方に、小唄勝太郎姐さんがおいでです。

源氏名に、男名前を使うのは、浅草か、柳橋の芸者さんだそうで、辰巳芸者、と言いました。粋と男勝りと意地を競った芸者さん集団、かな?

昭和44年の映像が一番古い三味線ブギウギでしたっけ。


言葉狩りの話を時々書きますが。


勿論、差別は、今と比べ物にならぬ程ありました。あった事は、認めないといけません。


今は無くなりましたか?
差別感情は、日本人から排除されましたか?

誰でも完璧な博愛主義にはなれません。対象たるご本人が嫌がる言葉で表現する事は、ダメですね。

昭和は負の文化も沢山背負っています。その中に文化の価値ある事柄が、混在しているんです。

笠置静子さんの、買い物ブギ、と言う、かなり有名な曲があります。白黒放送当時の、プロモーションビデオの様なものが残っています。

YouTubeで検索すると、出て来ます。

現在の、放送禁止用語連発です。差別用語とされた言葉は、パソコンで検索しても出て来ないくらい、言葉狩りは徹底されていますね。


障害者福祉は存在しませんでした。弱者への支援も、お上のお情けでした。

でも、障害者も、弱者も、何とか社会のどこにでもいたんです。

買い物ブギには、聞こえない方、の男性と、見えない方、の女性が、映像に登場します。歌詞にも出て来ます。

つんぼのおっさん
めくらのおばさん


どちらが良いか、は、明らかだろうと思いますが、何か最近の風潮、平成になって、おかしくなった様な気もします。


今の皇太子殿下を想像させる、やや揶揄した表現の歌詞がある歌があります。

今でも、皇族の方々は、言葉1つではなく、全体としての表現で判断なさっているように感じます。

なんでもかんでも、言論の過度な自粛をすれば、それで良い。そんな風潮は、私はあまり好きではないんです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック