bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



軍艦じゃんけん(戦争じゃんけん)

軍艦じゃんけん







こんなのですけど。ご存じでしょうか?結構、子供たちの間では、遊ばれているようですよ。
じゃんけんですね。ちょっと複雑な。

勿論、子供の頃、やった覚えがあります。親は戦前の生まれですが、戦争は嫌だ と思った世代じゃないでしょうか。終戦の頃が、小学校高学年くらいでした。(親ですよ。私ではありません。)どうやって遊んだか、何と言う名称で呼んだか、全然覚えていないのですが、例に寄って、インターネットザッピングをしていて、偶然、引っかけました。なんだろう?と見てみると、じゃんけんだ、と書いてある。良く読むと、『ああ、昔、やったっけ。』と思いだしました。

掛け声付きなんですよね。掛け声を思い出したんです。

今、職場でバタバタしていますでしょう?私がバタバタしているんですけど。妻は、幽霊のようになって、寝込んでいます。結婚記念日に出掛けたから ではないようです。私がいきなり職を失ったから ですね。


その話は、今日はどこかに置いておいて、思いだしたので、じゃんけんの話です。


小学生の軍艦じゃんけん



気になさる方がある と言う記事です。


うーん…
どっちでしょうね。戦争の悲惨さ、他国の方への差別、等を引き合いに、徹底的に禁止すべきものなのかどうか?

話がどんどんずれていきますので、ご容赦くださいね。
言葉狩りってありませんか?ありますね。
言葉だけ、禁止する。
差別感情のあるなし、は関係なく。
公共の放送や、文章に、わざわざ差別感情を表現する為に、意図して使うのは困りますが。
この手の話、切りがないでしょう?

私が今まで仕事していた職場で(既に私の中では過去形になっています。縁が切れたものは仕方ないです。先方は切れたと思っていない様で、今月も形だけ仕事がありますから、それはこなしますが、本人は、過去形です。)良く思ったのですけれど、「しょうがい者」って書くんですよね。「障碍者」と書く習慣の方々、事業所さん、もありますね。
私も自分が障害者ですが、「しょうがい者」「障碍者」とか言われたくありません。

何故か?ですか?
『障害者』は差別されているんだよ と「しょうがい者」「障碍者」等とわざわざ言われると、イヤな気分になりますから。
変な言い方に固執する人たちは、『害』の文字を、『障害者は社会の害毒である』と言われている事だから、と言い訳します。
いやね。
障害者本人が、『私はしょうがい者だ』『私は障碍者だ』と主張するのは良いのです。本人の感性ですから。
障害者で無い人が、社会運動なんかで、『障害者の権利を守れ!』なーんて、おかしな文字を使っていると、『君はバカですか?』と私は思います。

少し戻って、じゃんけんですけど。

ちびくろサンボが大騒ぎになって、出版社が一斉に発売自粛して、絶版扱いになり、ある日から、一斉に書店の店頭から姿を消した事がありました。アフリカ系住民の方々に侮蔑的だ と言う訳です。アフリカ系住民の方々から、苦情が来たかどうか は覚えておりません。
あれ、ごろの良いネーミングが言葉狩りのターゲットになったのですね。
ちびで、黒くて、サンボ(俗にイギリスと、アメリカで、アフリカ系住民を侮蔑的に呼ぶ呼称 と割れました。事実は知りません。私は日本人ですので。あ。日本人を、ジャップと呼ぶのは、アメリカでは、日本人を侮蔑する言葉ですね。国連で使って、エライ事になった事がありました。どこの国の代表の人だったかな?)だ、と言う事で、『黒人差別をやめましょう』と言う様な団体が、どこかに噛みついたのだったかな と曖昧な記憶があります。

原作はスコットランドか、何かの方のようです。アメリカで翻訳されて、話が狂ったようですね。
元々の主人公はインドの子供さん とかなんとか。

で、このケースも私は言葉狩り だと思います。


かなり元に戻しましょうか。

インターネットザッピングで偶然見つけて思いだした『軍艦じゃんけん』。
私はトシ男ですから、結構な年配です。子供の頃、戦争は、外国が日本に侵略してきたのだ と思っていました。何故か と聞かれても困るんですよ。学校の授業も、日本至上主義な教育ではなかったです。むしろ、日本教職員組合さんが盛んなころで、右翼、左翼で、もしも分けるとしたら、まあ、左っぽい教職員の方が多かったです。
でも、子供心に「何となく」日本が悪くないのに、負けちゃった と言う印象を持っていました。
教科書も今とは違いましたから。都合が悪い事は書いてなかったんです。
教科書検定に引っ掛かって、教科書にならなかった。

だから とは思わないんです。じゃんけん。
元々は、第一次世界大戦頃にはあった 等と言われる子供の遊びですが、例えば、子供が一度は警官の仕事にあこがれる様に、軍人の仕事にあこがれる時代も有った訳でしょう?お国を守る と言う精神が、日常に生きていた時代も有った筈なんです。そこで自然発生的に生まれた遊び なんだろうと思います。

歴史は変わっても(変わりますね。勝てば官軍 とかも言いますし。時代とともに価値観も変わります。)子供の遊びは、遊びとして、形を変えて、残るんです。むしろ、残ってくれないと困る。文化ですから。


そんな風に思うと、大人になって、『ああ、こういう背景があったのか』などと思い起こす事は宜しいかと思いますが、今、楽しく言葉遊びしている子供に、目くじら立てて、何か注意しよう と思うのは、ちょっと「しょうがい者」「障碍者」に私が著しい違和感を感じるのと、似てるかな と思ったりします。

軍艦、朝鮮、ハワイ と言葉が出てくるじゃんけんです。軍艦が駄目、朝鮮は駄目(韓国は南半分ですね。上半分は北朝鮮ですね。どちらの国民の方も、種類としては朝鮮民族でしょう。でも、朝鮮料理って言わないです。言葉は色々難しいです。朝鮮と呼称する方が良い と言っている訳じゃないですよ。)
朝鮮学校ってありますけど、あれは侮蔑だ と言わないのはなんでだろう?面と向かって、『朝鮮人』と呼ばれて、しっくり来る朝鮮民族の人は、どのくらいおいでなんでしょうね。
『在日朝鮮人』は侮蔑用語です。これは何となく、私もそう思います。でも、戦争の為に、日本に住まざるを得なくなった人もあるでしょうから、ご出身は、『韓国』の方ばかりではない様な気もします。
『北朝鮮』の方もあるんじゃないでしょうか。

更には、南北分断の前に、一つの国として、朝鮮 が有った頃に、既に日本に住まざるを得なくなった方もあるでしょうし。

同じような事は、イスラエルと、パレスチナにも言えませんか?
あれ、キリストさんの時代にさかのぼるんですよ。
本当に。
キリストさんと共に有った人たちは、現在のイスラエルを、やっと建国した と言いませんか?ユダヤ人の国家が出来たって。ユダヤ人は、太古の昔から、第2次世界大戦のドイツ軍(ヒトラーですね)に迄、徹底的に差別されてきました。

シェークスピアの『ベニスの商人』と言う、有名な戯曲がありますが、あの中で、悪徳商人として描かれる『シャイロック』はユダヤ人です。シェークスピアがユダヤ人差別の為に書いた戯曲ではありませんが、事実として設定はそうなっています。

パレスチナ難民の方々は、では、悪い人たちか と言うと、そうじゃないですね。
ユダヤ人が国を失ったのは、歴史の一ページですが、そのあとに平和に住んだ一般パレスチナ人の人達には、国が出来たり、消えたり と言った事は、権力者のエゴイズムでしかない訳です。
一つの土地に、祖国を求める人々が2つの人種においでになるんですから、揉めて当然です。
揉めさせた人たちは、何世紀も前に世を去っていますから、もうどうしようもない。


とまあ、延々と世情の矛盾の話は幾らでも続くのですが…

軍艦じゃんけん、戦争じゃんけん、ちょっと言葉狩り過ぎないかな って、昔を思い出して、改めて思った事でありました。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック