bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



結婚記念日
我が家は法律上は夫婦になれない厄介な関係ですから、勿論、結婚式をした訳でもなく、婚姻届を出した訳でもなく、ただ一緒に住んでいるだけの関係ですがね。
一応、結婚記念日のようなもの はあります。一緒に住み始めた住所にお互いが住民票を移したあたり(あたり と言うのが怪しい)です。妻は3月31日に移動して、私が4月1日だったかな?どっちかが、3月30日だったかもしれません。(これも怪しい)

と言う事で、3月31日が結婚記念日 と言う事にしてあります。

友人に寿司屋の二代目がいまして。
私と同年輩の方ですが、ちょっとした腕前の職人さんです。
彼に聞いてみたら、飲食店で飲食物を作って、提供するには、保健所の講習をちゃんと受けておれば良くて、調理師免状等は必要ないんだそうです。

時々、気楽に行く、回転ずしの店で、魚は仕方ありませんが、板前さん風に、寿司を握っている人たちの出来栄えが、余りになんなので、この人たち、これで、調理師試験受かったのかしら?と思っていたら、昨日まで工事現場、学校教師、介護屋、無職、料理の経験全くなし でも、プロとして、お客さんに料理を提供するのは、法的に何の問題もないんだそうです。

だから、時々、とんでもない店に当たったりするんですね。
まあ、衛生管理がしっかりしていれば、腹を壊す事はないでしょうから、あとは好みと財布の中身で決めればよいんだと思いますが。(でも、その回転ずしさん、当地では気楽な店としては、かなり評判が良いのですが、余り注文されないものを頼むと、半解凍で、シャリシャリ言っている刺身の乗った、寿司が出てきますので、私は回転ずしさんは、余り好きではありません)

元々、刺身、寿司は好きではありません。海辺の近くでその漁港で採れた魚を調理した刺身、寿司は食べます。まともな寿司屋さんでは、寿司も、刺身も食べます。スーパーや、そこらの鮮魚店(鮮魚店自体が最近は無いですね。)で買ったトレーに入った刺身なんぞは、ほとんど食べません。

妻は、膿のある所で育ったので、寿司、刺身が好きです。
味の違いは、私よりも判ると思いますが、元々好きなので、時々、外食に行く時に、何が食べたいか聞くと、寿司 と良く言います。で、回転寿司に行きたい と言います。気楽でよいんだろうと思い、近所で手軽に食べられる所に、普段は行くんです。私も食べますよ。一緒に食事に行くんですから。


友人の店は、妻にして見れば、遥か遠くの辿りつけるかどうかみたいな印象を持つようです。
精神障害者で、寝たきり、ヘルパーさんが、当自治体ではあり得ない程認められて、制度で入っている人ですから、それは仕方ないです。(自立支援法ですよ。自立支援法の精神障害者に対する家事援助の支給を受けています。)


今朝、様子を見たら、(昨日は私が面接で、色々策を弄していたので、帰ってきたのが、夜でした。面接自体は、午後いちばんくらいだったのですが。)何とか動けそうな感じ。
二人の記念日だから、美味しい寿司を食べに行こう!と説得して、一緒に行きました。

美味しかった(^-^)☆

帰り道はやっぱりちょっと電池が切れてしまって、少しふらふらしておりましたから、ちょっとしたものを、明日来られるヘルパーさんに調理していただく為に買って、さっさと帰ってまいりました。
途中で、二人で寝てしまい(電車の中です)一つ駅を通り越してしまいました。
なんだかんだで、帰宅したのは、19時過ぎていましたかな。

今は妻はベッドで正体なく眠っています。

疲れるから と動かずに寝たきりでいると、本当に動けなくなってしまうんです。
と言って、根性で動ければ、精神障害者じゃありません。
どんなに辛くても、身体を動かせば、鬱状態も改善するし、身体のだるさ、絶対に動けない感覚、頭痛、肩凝り、気分の低迷、眠気、等が解消する事は、本人が一番知っています。
それがどうしても出来ないから、精神障害者なんですね。

良く本日は、遠くまで出掛けてくれた と思います。

と言って、片道乗り換えはあるにせよ、比較的大きな路線で、時間待ちなどもほとんど無く、1時間ちょっとで着くんです。普段行かないルートですから、私にはごく普通の距離ですが、妻は着いた途端『ああ、やっと着いた。長かった~!』と呟いておりました。


今日はもう無理はさせません。風呂にも入れませんし、寝巻にも着替えず、歯も磨かず、倒れる様に眠っていますが、それで良いんです。『頑張ったね。美味しかったね。あとは1週間くらい、心おきなく寝込んで良いからね。』で宜しいんです。

私自身は、久しぶりに友人に会えて、良い仕事を、見せて貰い、美味しい物を堪能して、ご機嫌です。


昨日の面接、いつ連絡が来るかなぁ…感触は良かったのですが、私より使いやすくて、(若くて、体力があって、体格が大きくて)若い方、資格のある方(私は現場一筋ですから、経験は豊富に有りますし、一応何でも出来ますが、お国の資格はありません。障害の仕事って、資格は余り必要なく、現実には実務経験で何でも出来てしまうので、この年になって、『何何法は、何年に改正されたか』なんて机の上の勉強は無理ですから…若い方が応募されたら、負けちゃいます。

可能な限り急いで応募したんですけど。

来週中には何か判るでしょう。ご縁があるといいなぁ…


本日は、妻には少し負担を掛けましたが、良い結婚記念日でした。
我が家は、もう年配ですから、記念日ごっこはほとんどしません。誕生日も、クリスマスも(私、信者ですが。)結婚記念日も、バレンタインも、ホワイトデーも、やりません。
昨日で、一緒に暮らして、丸4年、本日から5年目 と言う事で、(実際に一緒に住み始めたのは、4月中旬?下旬?忘れました)ちょっと、お祝をして見たかったんです。

大将!ありがとね♪


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック