bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



解りにくい年金の話
先日、社会保険事務所の分室に行きましてね。自分の年金、妻の年金の話を聞いて来ました。

まあ、それは良いのですが、分室の中に、山程パンフレットが積んでありました。何枚か貰って来て、読んでみて、呆れてしまったので、笑い話で、一つ書こうと思います。

現在、厚生年金の支給は、60歳?65歳?コロコロ変わるので、良く知らないのですがね。

良くある年金に対する質問の誤解を解く、みたいなパンフレットがありました。

良くある年金に対する質問として、こんなのが挙げてありました。

曰く

特別支給の老齢厚生年金の請求

特別支給の老齢厚生年金を受けとると、減額されるのですか?』

特別支給とあるからには、本来より早く貰う、と言うケースかな、と思いました。

答えに呆れて、笑ってしまいました。

『減額されません!』と赤い太い文字で、まず書いてあります。

説明文は以下でした。

『厚生年金保険に加入されていた期間が12ヶ月以上ある場合、「特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」は、60歳から受け取ったからといって減額はされません』

「」部分は、赤字太文字です。

続けて、『また、受給権が発生した「特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」は、請求時期を遅らせても増額はされません』

請求時期を遅らせても増額はされません、の部分には、下線が太く引かれています。


質問している人は、年金を65歳で貰うのと、60歳から特別支給で貰うのでは、60歳で貰う方が、金額が少ないのではないか?=減額になるのではないか?

と聞いているんじゃないかな、と、私は感じました。そういう話、あちこちで聞きますね。ファイナンシャルプランナーや、受け取る予定の口座のある金融機関の、年金相談で聞いたり、相談したりする方、多いと思います。

良くパンフレットを見ると、欄外に<#STAR>がついていて、小さな読みにくい文字で、注釈がついています。

<#STAR> 60歳から:生年月日によって異なります。必ずご自身のケースをご確認下さい

<#STAR>増額はされません:65歳以降に受給権が発生する老齢厚生、基礎年金には、請求時期を遅らせて年金額が増額する「繰り下げ」制度があります。


高齢者の人が読んで解ります?


年金制度は破綻している、とも言いますが、とにかく仕組みが複雑です。貰える筈の年金が消えた人は、星の数程いるそうです。

特別支給の老齢厚生年金だか、老齢厚生年金だか、老齢基礎年金だか、知りませんが。

老齢厚生年金=厚生年金制度に加入して、25年以上納めた人、だけが、いわゆる満額が貰える筈です。

厚生年金制度に加入して、25年以上、掛け金を納めた人は、国民年金も、同期間納めた、と、見なされます。


老齢基礎年金は、国民年金だけに加入して、国民年金の掛け金だけを納めた人が貰うものです。

厚生年金と、国民年金と、どちらが沢山貰えるか、と言うと、同じ条件の下では、必ず、厚生年金の方が、貰う金額が多いのです。例え1000円でも、必ず多いです。

仕組みを私も良く知らないので、曖昧ですが、「特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」だけ、60歳から貰って、本体にあたる、65歳から受給権が発生する、老齢厚生年金、老齢基礎年金を65歳から貰えば、金額は満額になりますよね。

「」別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分」って、本体じゃ無さそうですよね?


名目は何でも良いのです。
65歳から、年金を貰うのと、60歳から貰うのと、どちらが沢山貰えるか、を皆さん知りたいのではないでしょうか?

全体として、ね。

満額貰えるが、65歳迄待った方が、全体として、沢山貰えるのではないですか?
と、皆さん聞きたいと聞きたいんじゃないかしら?

減額される事はないらしいです

そうですが、65歳迄待てば、受給金額に増額がある訳で増えますよね。


パンフレットじゃ訳が解らんです。



これ、税金で作られていますね?社会保険事務所の中、あちこちの役所の中にだけ置いて、誰が手軽に手に取るのでしょう?

コンビニエンスストア、ファミリーレストラン、各種金額機関、いくらでも置ける場所があります。銀行、郵便局、になんで置かないんだろう?

社会保険事務所は、夫婦して、障害年金受給者ですし、時々用事で行きますが、ブースが幾つかあるに、二時間、三時間待つのは当たり前です。

用紙が欲しいだけ、でも、決まりがあるのか、待たされます。

説明の仕方も、当地の場合は余り上手じゃありません。高齢者の方で、あちこち話が飛んでしまって、聞きたい事がまとまらなくなってしまう方等もおいでです。

要点を整理して、メモ紙で良いですから、持たせてくれるくらいしても良い、と思うのです。

我が家の事で、聞きに行きましたが、質問をまとめて持って行ったのに、メモのし損ないで、曖昧になってしまい、判らなくなった部分もあります。


何より、労働者が、平日の9時〜5時に、二時間待ちで相談に行けます?働き盛りの頃から、備えていないと、後でしまった!と言う事起こりそうでしょ?


1ヶ月足りないだけで、無年金、みたいな事、もう起きて欲しくないですよね。

妻も、金銭的に著しく困窮していた時期があったそうです。延納や、減免の制度がありますが、知らずに、期限一杯迄未納にして、期限ギリギリから、追い掛けられる様に、納めたらしいですよ。様々な税金やら、保険料やら。


お困りの方が、気楽に相談出来る所、があるといいのに。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック