bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



肝炎追加
そうそう!

どなたも同じかは知りませんが、私は肝炎発症の少し前から、痒みが出ました。
元々アレルギー体質で、アレルギーっぽさの値=IgEと言います(花粉症の血液検査等すると、必ず一緒に調べてあります。検査用紙に書いてありますよ)が、170以上が、アレルギー体質的な扱いのところ、350くらいあります。アトピーの方は、大抵1000単位の方が多いそうです。

その為、花粉シーズン、真夏等、様々な時に、様々ところに痒みが出ます。

アレルギーを抑える薬は、ほぼ一年中服用です。ステロイドは使っていませんが。

接触性皮膚炎を起こして、腕時計ダメ、やら、アレルギーで禁忌の薬を判らずに飲むと、一発で発疹やら、ピアス開けて、30年近いですが、真夏、花粉シーズンは、腫れてダメとか。勿論メッキのものは一発です。金もシーズンによってはダメ。

今も金のピアスと、腕時計がダメ。酷いと、プラチナの結婚指輪もダメ。

肝炎起こした時は、発疹こそ出ませんでしたが、全身が異常に痒みに悩まされました。

ステロイドの外用薬が聞きませんで、発狂しそうな日々が続きました。1ヶ月くらい。

心臓にハンディがある為か、肝炎のデータは軽症との事でしたが、疲労困憊が続き、無理やり2ヶ月の休職を取りましたし。

健康なら、こんなに酷くなかったでしょう。発狂しそうな痒みで、発疹はなかったものの、無意識に掻き壊して壊してしまい、今も、掻き壊した後が、昔で言う、はたけで残っています。

異常になかった倦怠感と、薄給しそうな痒みとで、落ち着く迄にかなりかなり掛かりましたっけ。

肝炎はもうかかりたくないです。

急性で助かりましたが、本当にキツかったなあ〜。

皆様も、お身体お大事にされて下さいね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック