bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



EBウィルス感染による肝炎

こんな感じみたいですよ。




EBウィルス感染と症状



EBウィルス感染症(伝染性単核球症)(私が罹ったのは、こっちですね)




慢性活動性EB[ウィルス感染症(こちらは、病気の性質が全然違います。)





EBウィルスそのものは、そこらじゅうにいる、どうでも良いウィルスと言うか、黴菌と言うか、まあ、ウィルスだそうです。どこにでもいます。一応ヘルペス菌の亜種とか言いますが、発見者の方の名前が付いているようです。


エプスタイン・バール・ウィルス




EBウィルス肝炎は、その中の一つだそうで、肝臓に巣喰っちゃったと言う事です。
余程体力が落ちていなければ、肝炎なんぞ起こす程、凄い力のあるウィルスではない様ですが、比較的ありふれたウィルス性肝炎だとか。
私のかかりつけの内科の医師曰く、年に2~3人の患者さんはあるようですよ。今年はその中の一人が私ですね。

色々な事が書いて有りますけど…

掛かり付けの医師が言ったには、『特徴的には咳。白血球はそれほど上がらないケースが多い。肝臓の値が異常。本人の自覚は、急激な倦怠感等肝炎を疑う様な症状が有った時に、比較的考えられるケースの抗原、抗体を見て、反応があるものをつぶしていく』と言う様な事でした。

EB抗体が×80ありまして。

抗体って、感染して、初めて出来るものですね。一緒に抗原があれば、それに感染して、抗体形成中と言う事です。肝炎の抗原・抗体は、可能な限り全部見てくれました。(これはERのある拠点病院で。)
B型、C型なんかの比較的知られているウィルスの抗原・抗体も見て下さいました。

私は、B型肝炎のワクチンを接種しています。5年くらいしか持ちませんが、切れたら又、ワクチンを打ちます。介護屋さん、何に感染するか判らんので、B型肝炎くらいは抗体付けておきます。C型はワクチンがありません。感染リスクを減らすしかないんです。まあ、両方飛沫感染はしませんし、血液感染と言っても、バケツで浴びる程の患者さんの血液をかぶったとか、そんなんでないと空気感染もしません。体液感染はするかな。介護屋に意外に多いのは、利用者の方に噛みつかれて、体液感染 と言うケース。

以前いた職場で、B型肝炎発症しておいでの利用者さんが、担当部署におられて、(昔風の大規模施設です。)何ら、治療を施されておらず、かつ、噛みつき事故があり得る状態だったので、施設は補助してくれませんでしたが、自費でワクチン打ったのです。最初抗体付けるには、時間とお金がかかりますが、二度目からは、接種も1回で済みますので、継続している と言う訳です。

なので、B型肝炎の抗体も出てしまいます。再測定してくれてありました。抗原は出ないので、医師の方には、『ワクチン打ってるんだな』とすぐお分かり頂けたようです。

EBウィルスには、抗原もちょっと出まして、抗体反応が×80あったので、どうも怪しい となったようです。丁度同じ時期に、ルーランと言う薬を再投与し始めたところで、薬剤性(要するに薬に対するアレルギー反応の事です。1回目は平気で、2回目に使うと、抗体があって、アレルギー反応として、肝炎が起こるケース。花粉症と同じ理屈です。)肝炎かも?と2つの可能性がありました。

追いかけて、血液検査を続けたところ、EBウィルス抗体値が、丁度上がってくる(感染してから、抗体が上がってくる=もう二度と罹らない になるまで、半月、1カ月かかります。)頃に、ちゃんとEB抗体値が、×320になり(大体、初期の4~5倍になるそうです。)ぴったり4倍。

これはEBウィルスによる、急性EB肝炎 と確定診断が出たと言う事でした。


治療を知りたい方おいでかもしれませんが、ケースに寄るようですよ。
私の様に、比較的軽症で、薬剤性肝炎の疑いもある と言う場合は、薬は使えませんから(薬剤性だったら、治療の為の薬にも過敏にアレルギー反応を起こしますので。)安静にしている しかないです。
データが悪い時は、とにかく入院です。
私も入院になりかけたのですが、あるデータ(何だか私には判りませんでした。)が肝炎が重い様に見えて、入院になるところ、血液凝固防止剤(ワーファリンです。他の防止剤でも出るのかは知りません。アスピリンとか、他にも血液凝固防止剤はありますね。)を服用している為に、その値になっている と判明し(人工弁置換しています と伝えたので、埒が開きました。)、では、軽症だ となって、自宅安静になったと言う事でした。

私のデータはごくごく軽症で、一般の健康な方なら、感染している事に気付かず、普通に過ごして、時期がくれば、自然に治り、抗体だけが付いて、後腐れ無し と言う方、沢山おいでだそうです。

ですから…

エラそうなことが言える訳じゃありませんが、EB肝炎に限らず、又、様々な肝炎に限らず、どんな病でも、『どう考えてもおかしい』とご本人が感じた時は、是非、掛かり付けの医師に相談される事をお勧めします。

その意味からも、町の近所のお医者さんに、掛かり付けの医師を持っておく事は、私は大切だと思っています。


心臓切った時も、今回の肝炎騒動も、掛かり付けの内科の医師が『おかしい』と感じて、迅速に検査会社に検査結果をファックスで送ってくれるように依頼して下さり、その後(異常が判明した後)、私を探しまわって下さいました。
そして、紹介状を書いて、(かなり詳しいデータが書かれていましたよ。もう20年近くのお付き合いです)しかるべき対応の出来る病院さんに連絡してくれて、受け入れ了承を取って下さいました。
心臓切った時には、自分で絶対おかしい と判りましたし、掛かり付けの循環器の医師はいますので(今も同じ主治医です)自分で予約を取って行きましたけどね。

最近の方はどうなんでしょうか。
掛かり付けの医師って、普段もたない方もおいでかな?
その方次第ですから、かかりつけ医は持たず、おかしいな と思ったら、大病院に救急車で行く と言う方もあるかもしれませんね。どれが良いとは言えません。私自身は、自分が救急車を利用しようとした事、利用した事はありません。自分で行ければ自分で行って、受付で救急的な症状がある事を伝えます。今のところ、自分でどうにもならない今生命の瀬戸際 と言う状態にはなった事がなくて、幸いです。

自分で電車の乗り継ぎ等が出来ない時はタクシーを使う事はあります。
EB肝炎花盛り の時は、何度か使いました。

使った事はありませんが、迷ったら、多分、まず、#7119でしたっけ?救急車要請をするかどうか、アドバイスしてくれるところ?そこを使うと思います。可能なら、民間救急搬送を使うでしょう。救急車を使うのは、本当に、今、生命の危機に有る と思われる時だけ と思っていますけど、一般的にはどうなんでしょうね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック