bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



荒物屋さんがない!
結局、駅ビルの様なところの、健康グッズコーナーで買いましたが。


孫の手


今は昔の職人さんの孫の手はないんですね。値段が250円でしたから、期待出来ません。


私の出身地には、今も荒物屋さんがありますが、今も扱っているか、は、ちと判りませんね。出身地に行く事は、専門外来の先生に、相談に行くくらい。実家はバスでかなり行く所ですし、近づきません。

100円ショップに、惜しげのないのがあるかな?と、幾つも回りましたがありませんでした。


で、1つ250円の孫の手を、見つけるのが厄介なので、2つ買いました。


今、孫の手って、背中を掻く道具じゃないんですかね?背中の凝り等を、軽く叩いたり、押したりして、ほぐす、とあります。

健康グッズだと。

そんな凄いものではなくて、箒、はたき、布団叩き、はいちょう、ちりとり、なんかと、ガサッと置いてあるもの、なのですが。

布団屋やら、呉服屋の小物で置いてあったりした様な?

私の祖父が、そんな昔の孫の手を持っていて、小学生の頃、他界した時に貰ったのですが、それから30年以上経っている訳で、もちろん手元にはありません。

250円の孫の手も、直線で、指先にあたる部分が、ぶったぎり、です。違うんだなあ。丸みがなくちゃ!材質も、やや柔らかいもので出来ていたのでしょうか?
使い込むと、自分に合うカーブになっていき、使いやすかった記憶があります。

さて30数年ぶりの孫の手は、どんな感じでしょう?

昼前に、一軒、病院に検査に行きまして、孫の手買って、昼食を食べて、これから理学療法に回ります。

その後、役所に行きたいのですが、間に合うかしら?ちょっと電車で暇が掛かります。駅からも歩きます。役所、定時にピタリ!と閉めてしまいますから。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック