bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



日曜日はYouTube
もう日曜日ですが。

インターネットをザッピングしていて、ふと、大昔の、えーと、説明が厄介なんですが、要するに、芸人さんを検索してみました。

『渋滞の先頭は何をしているか』を検索したら、本の紹介が出て来ましてね。

私が知りたかったのは、本じゃなくて、それをネタにした、ご夫婦の漫才師の方々の名前が出なくて、検索したんです。

『渋滞 漫才』で入れ直すと、出て来ました。

春日三球 照代 さん

驚いた事には、映像が残っているんですね。
私が子供の頃は、戦前、戦後の芸人さんが、まだまだ大活躍されていました。
YouTubeを辿っていくと、出てくる!出てくる!

渋滞の先頭は何をしているか、の他に、地下鉄の車両はどうやって入れるのか、と言うネタもありました。リンクで辿っていくと、Wけんじ さん、玉川カルテット さん、東京ボーイズ さん、果ては、あきれたぼういず さんの、坊屋三郎さん迄、出て来ました。

他にも見たい芸人さんが、沢山あります。今は居ませんが、ボードビリアンと言うか、ボーイズバンドと言うか、コメディバンドと言うか、そういう楽器と歌がちゃんと演奏出来て、歌えて、面白い、と言うグループが沢山あったんです。

浪曲、講談、昔の時事歌、物売りの呼び声なんかを出来る人達のグループです。
戦後の新しい形の進駐軍巡りのバンドは、この方々のあとです。皆様ご存知のところでは、クレージーキャッツ、ドリフターズでしょうか。他にも沢山あった様ですよ。
ドリフターズが、この手の芸人さんでは、私は最後だと考えています。志村けんさんが入る前迄ですね。ドリフターズは、元々はコミックバンドなんです。志村けんさんは、ダメと思いますが、新井注さんがいた頃迄は、バンドとして、機能してましたから。

玉川カルテット さん、坊屋三郎さん、春日三球 照代 さん、嬉しかったです。


と言う事で、日曜日の昼間は、昭和の、しかも、戦前、戦後の芸人さんを、YouTubeで色々見ようと思っています。

私は今年年男ですから。還暦ではございません。同じくらいの年代の方々は、覚えておいでの方もあるでしょう。

坊屋三郎さんは、TVのコマーシャルも覚えています。シャープだったかな?
クイントリックス、と言う名前のTVでね。坊屋三郎さんが参加された『あきれたぼういず』は、昭和10年結成らしいので。
英語圏の方が一緒に出演されて、本場の英語で、クイントリックス、と言うと、坊屋三郎さんが、『あんた、外人だろ?発音悪いね』とて、訛りに訛った発音で、クイントリックス、クイントリックス、とやる、と言うコマーシャルでしたっけ。

見つけたYouTubeでは。後輩グループと共演して、持ち歌を繋ぎながら、ちょっとしたギャグで、繋いでいくんです。

汽車の窓から、旅客がコーヒーを求めると、のんびり淹れて?15銭のところ、50銭預り、釣り銭勘定している間に、汽車が出てしまうシーンとか。

納豆の売り声の様な歌を披露するのですが、淡谷のりこさん名前が出てきて、呼び捨てだったりします。淡屋さんの方が、かなり年下だから、ですね。


今のお笑いの人達は、お笑い、と言うジャンルだと思っています。漫才ブームの頃、私は面白くも何ともなかった世代なので。


夜更かししましたね。実はこれから風呂なんですよ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック