bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



脈拍が早い
先日、昼間うとうとと浅い眠りに落ちていた妻の血圧を測りました。

具合が悪いと、あちこちの身体の機能がおかしくなります。血圧等は影響を受けやすい事柄の1つです。

したらば、異常に脈拍が早かったのです。一応眠っているのに、130近い脈拍でした。

脈拍が早いから具合が悪いのではない事は、長年、心臓病者をやっていると、自然に知ります。

具合が悪いから、血圧が上がったり、下がったり。脈拍は普通に具合が悪い程度だと、一般的には上がるようですね。

下がるのは、60切ると、ちょっと不安になります。50切ると、かなり慎重になります。40切ったら、私なら、利用者さんを病院に連れていくと思います。


早い分には、気分高揚やら、疲れていて、とか、一時的には良くあるので、それほど心配しませんが、眠っていて、130、150あると、慌てます。


肝炎が一番酷かった時、血圧は、180/125くらいありまして、脈拍は130近く私もありました。

休養を取る事になり、休職して、一般の方と、今は同じくらいです。復職すると、又上がって来ますけど。

妻は若い頃から、脈拍と白血球が高いです。脈拍が90くらい、白血球は10000近くあります。

自営業でしたから、ついつい健康診断も行き届いていませんでした。心電図も年齢の割には、取っていません。

精神病院
掛かり付けの内科

に相談させたところ。

早すぎる、と、あちこちで言われて来ています。


心臓の能力が低く、沢山脈拍を打たないと、酸素循環がうまく行かないのでは?と忠告して下さる医師もあるそうで。

血圧はそれほどおかしくありません。年齢なりに普通です。脈拍だけ早い。

私が心臓を切って、リハビリしてた頃で、リハビリ中が、脈拍は早かったですが、三桁になるのは、心臓リハビリ中の頃でした。

その時の、手術後のリハビリでフラフラの時でも、120を越えない範囲で、と医師はリハビリの指示を出していました。越えちゃいますけど。自転車を漕ぐリハビリとかやってるとね。

妻に戻って。眠ってて、この値は、ちょっとまずいです。



あちこちの主治医に妻が相談したところ、確かに早すぎる。循環器科で相談をする様に、との事を言われてきた様子でした。


うちのマンションの隣のビルに、個人のお医者さんがやっている、循環器科のクリニックがあります。珍しいですよね。

私がお世話になっている、日本中から患者さんが来る、循環器科単科の、専門病院にしようか、と、思ったり。

町の循環器科のクリニックは助かりますし、うちの隣です。専門病院は、近いと言えば近いけど、隣ではないですよね。片道1時間くらいは掛かる。その代わり、最初に詳しく調べて、大体の見当を付けてくれます。様子観察で良い、と判れば、隣の循環器科クリニックに紹介してくれれば済みますよね。

隣のクリニックの先生は、地域の拠点病院から独立された方ですから、少し詳しく検査、と言う事になると、拠点病院に紹介になってしまいさす。

拠点病院、私鉄の駅と駅との間にあり、すこぶる便がありません。我が家の前の駅からのバスもないので。
毎月私が、循環器科単科の、専門病院に行きますから、その時にでも、予約を一緒に入れて、私とは違う医師に診て頂く様にしようかなあ〜。

大した事が無ければ、隣のビルのクリニックの先生に、紹介状を貰えば、地域の拠点病院、しかも、総合病院で、障害者の妻には、行きにくい病院に紹介されてしまう事は防げます。

妻の脈拍がかなり早いのは、とにかく先天性の心臓病では無さそうです。万一、現在心臓病の状態にある、としても、後天性、もしくは、成人病としてのものでしょうから。

私の主治医は、適切ではありません。私の主治医は、小児心臓血管内科、つまり、先天性の心臓病の専門家です。

妻、家庭用ではありますが、一般的な家庭用の電動血圧計よりは、かなり精度が高い、私が使う血圧計で測って、脈飛びもしています。

不整脈迄はいきません。一拍だけ、単発で抜けるんです。不整脈と言うのは、脈が頻繁に抜けたり、走ったり、二拍、三拍と、長いスパンで抜けたりする状態、かな?

妻の場合は、中途半端で、測定すると、一拍は大抵抜けますが、それだけです。手脈で私がみても、一分に一回か二回程度ですから、騒ぐ事でも無いような。

なので、私と一緒に、循環器科単科の、専門病院に連れて行って、一通り、問診、検査等をして頂いてから、騒ぐ、で良いかな、と思っています。

毎月通院せねばならぬ病院は、もう増やさせたくないですから。


心臓病なのではなくて、具合が悪いから、脈拍が早い時が多い、早くない時は、単発で脈が飛ぶ事が多い、年に一度くらい、専門病院に定期検診、くらいで、何とかならないかなあ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック