bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



急性EBウィルス肝炎でした
事業所から診断書の催促もあり、丁度、1週間くらい前に掛かり付けで検査して貰った、結果がやっと出たと聞き、あちこちの医者を巡って来ました。

ウィルスか、薬剤性か、判然としなかったのですが、掛かり付けで再検査してくれた項目で、間違いなくEBウィルス肝炎と判明しました。


そこらにいるウィルスだそうですが、日本人は幼い頃?等に感染して、症状が出ずに、抗体だけ出来る方が、かなりおいでだそうです。

私は今般、初めて感染し、発症してしまったとの事で、それほど珍しい肝炎でもないそうです。掛かり付けにも、年に数人は患者さんが出るそうです。

沫感染はしません。接触感染、性感染します。妻とキスの習慣があるか、ERでまず聞かれましたっけ。

それで感染していたら、妻がキャリアと言う事だから。

私達夫婦には、スキンシップの習慣はないので、丁度、前に飲んでいた薬の再投与してすぐ症状が出たので、薬剤性の疑いと、ウィルスの疑いがある、となったのでした。

妻に感染しなくて良かったです。

しかし、ボロな私は、なかなか値も下がらずに、1週間前のデータは、実はまだ正常にはなっていませんでした。あと1ヶ月、自宅療養の診断書を頂いて、事務所に郵送しました。

結局2ヶ月棒に振ってしまいましたね。


そうそう感染するものではないそうですから、かなり疲れていたのでしょう。感染経路は判りません。

一度感染すると、二度とかからないそうでちょっと安心ですが、そもそも、こんなものに、掛かっている場合ではないので。


休職している今は、血圧も脈拍も、まるで正常な朝が多いです。肝炎にやられる直前は、高いし、脈拍は早いし、どうにもなりませんでした。


現場の介護屋が、疲れないで仕事するなら、健康でないとダメですね。


ほとんど正常、とは言え、データはまだ正常値からはみ出てる、なんて、ちょっとビックリですよね。感染して、発症してから、もう1ヶ月は経っています。

ボロにもほどがあります。


話が飛びますが。本日は、他界した母と、まだ存命の父親の結構記念日です。

生きていれば、そろそろ金婚式を越えたくらいでしたね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック