bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



東日本大震災1年
この週末は、東日本大震災一色の様子ですね。
私も福島県双葉郡広野町で、妹さんご夫婦が被災した恩人がいます。
広野町は、津波の被害は少なかったのですが、地震の被害と、放射能の被害が著しく、今も、自宅に帰れない状態です。町役場ごと、埼玉県に移転しました。まだ、自宅に戻れた人はいません。緊急避難準備地域指定が外れないからです。原子力発電所から、20キロ圏内にあるからです。

地震の当日、私は、夜勤で、まだ、自宅にいました。
引っ越し前ですから、賃貸の方ですね。
利用者さん全員が泊まる第2金曜日だった と覚えています。出勤直前に震度5強の揺れが来て、数分間続きました。
妻が眠っていたので、すっ飛んで行くと、箪笥などの上から、軽いもの、紙やら、箱やら、雑貨やらが、雨の様に降っていました。
幸いに、揺れは強かったですが、家財が倒れたり、建物が壊れたり と言う事はなかったです。

1年前ですから、妻は今よりも1年分、具合が悪かった訳ですが、利用者さんがホームに帰宅されますから、そのまますっ飛んでホームに行って、すぐトップに『○○ホーム、ライフライン異常なし。損壊個所無し。利用者さん、このままこちらで泊まります。』とメールを打ちました。

そのメールは、ぎりぎり混雑の合間を縫って、トップの携帯電話に届いた様で、すぐ『了解』と返事がきました。

その後は、どことも連絡とれませんから、利用者さんは普通に過ごして貰って、深夜2時近くに、最後の利用者さんの保護者の方と連絡が着きました。
そのご家庭、たまたま、保護者の方が、地方に用事で出掛けていて、どう考えても、戻ってこられません。利用者さんのお姉さんがおいでになるのですが、その方は、都会で電車が全てストップした為、会社に泊まられまして、その方と連絡がついたのが、深夜2時頃だった と言う事でした。

翌日は土曜日、皆さん、家庭に帰ります。
最後の利用者さんは、ワンピースさんでした。
ワンピースさんのお姉さんは、いつ動くか判らない電車を待って、その電車で迎えに来なければなりませんでした。
一時は、足が悪く、自力では、歩けない、ワンピースさんのおばあ様が、何とか駅まで歩いて(普段歩けない距離です)電車に乗り(階段登れません)、ホームの最寄駅まで迎えに行く と申し出られたりして、かなり混乱された様子でした。

結局、翌日、ワンピースさんには、『お姉ちゃんお仕事。お仕事終わったら、お迎え。お昼御飯は、鷹山さんと食べます。』と伝えて、お姉さんと再度連絡がついて、迎えに来られたのが、14時頃でしたでしょうか。



広野町に妹さんご夫婦がいると言う恩人は、床屋さんご夫婦です。奥様のご出身が広野町。妹さんとお連れ合いがおいでになります。自宅は新築したばかりで、倒壊はしませんでしたが、何しろ放射能が酷くて、今も、簡単には自宅に戻れません。避難所のどこにおいでか を、床屋さんの息子さんが(コンピューター関連の専門学校を卒業された方です。)インターネットで探しまわって、やっと一時避難先の名簿に、妹さんご夫婦が搭載されているのを発見したのは、数日後との事でした。



あれから1年。

床屋さんの妹さんご夫婦は、まだ、避難先にいます。避難所からは出ていますよ。
たまたまもう年金生活でいらしたので、それほど若いご夫婦の様な危機感はない様ですが、ご不自由な生活が1年も続いていて、先が見えません。予定では、この3月で、自宅に帰れる事になっていましたけれど、さて?


地震の直後、都道府県から、『障害者支援の為に、何人の職員を、いつ出せるか』問い合わせが来ました。すぐ募って、行く人を決めましたが、結局その募集での派遣は有りませんでした。
障害者団体が軸になっての派遣が、5月の連休にやっと決まって出て、代表がそれで一週間行きまして、その後、第2次、第3次と、何人もの職員が、日帰り出張の扱いで(交通費だけは出ました。)ほとんどボランティアで、朝の6時~21時迄、休みなく一時復興のお手伝いをしました。

あれだけの大きな災害ですので、国の動きが遅いのは仕方ないですが。

幾らなんでももう少しましな事は出来なかったのかな と思う事は色々あります。


床屋さんご夫婦は、広野町に寄付をしたいと考えて、用意しておいででしたけれど、広野町役場が、機能の全てを失っていたので、かなり経つまで寄付先が分かりませんでした。やっと福島県災害対策本部宛てに寄付をするしかない と判ったのは、1カ月くらい経っていましたね。私もささやかながら、ご一緒に送っていただきました。こんな時は、私は現金が一番だ と思っています。
すぐ被災者の方々の何か に役立つと思っているからです。

ところが、被災者の方々に当座の凌ぎとしてでも配布が始まったのは、半年近く経ってからだったようです。そりゃ、ここの事情をかんがみて、計算して、平等に、と言ったら、えらく時間がかかります。
そんな事は判っていますから、着の身着のままで出てきて、やっと助かった方々に、少々不公平があっても良いですから、3万円でも、5万円でも、寄付された中からどうして配れないのかなぁ?何か政治的に困る事があるのでしょうけれど。


今、丁度、確定申告の時期ですね。
サラリーマンの方でも、寄付をされた方、おいでになるでしょう。
サラリーマンだから、確定申告しない習慣の方もあるでしょう。
特例が出来ています。
寄付金控除 と言うのがあります。
寄付金控除そのものを知らない方の方が多いでしょう。
寄付金控除は、日本赤十字、ユニセフ等の大きな指定団体と、独自に指定を取った、小さな福祉団体などに、寄付をした場合(現金です。品物はダメ。)、所定の領収書があれば、収入から控除する事が出来ます。


普段は、災害対策本部 等は有りませんから、例えば、宮城県に寄付をしても、通常の寄付?にはなるかどうか(赤十字などと同レベル)と言う感じじゃないか と思いますが、23年度から25年度までの3年間は、寄付金控除のらんに、区分が付きます。

一般の赤十字、ユニセフ、小さな指定を取った団体などへの寄付。
東日本大震災に関わる寄付。

この2つに区分が出来(普段は有りません。)東日本大震災関連の寄付には、還付率、控除率が高く設定されています。
寄付しても、戻ってくる金額が普段より多くなるのです。控除率が高くなるので、収入から差し引かれる金額も多くなります。結果、還付金が普段よりも多くなり、所得が寄付金控除に寄って、少しですけれど、少なくなるのです。

個人の方でも、100,000円単位、1,000,000円単位で、寄付されている方も多くおいでです。
かなりの控除が見込めます。


これ、皆さん、ご存じですか?
寄付された方、おいでになりますよね?
領収書がないとだめですけど、銀行から振り込みでその振り込み用紙の控えなんかは、セーフかもしれません。(詳しくなくて済みません。)私は毎年、確定申告があるので、自然と知りまして、床屋さんご夫婦に知らせましたら、ご存じありませんでした。
床屋さんは、青色申告ですから、毎年確定申告の個人事業主です。大して経費に出来ないので、(技術料は経費になりません。)知らずにおられたのです。

お知らせしたところ、税務署に質問なさり、とにかく23年度の分は、寄付金控除の東日本大震災関連 で、控除を申請なさったそうです。還付金が戻ったら、又、寄付に回されるとか。

私も10万円単位くらいで、ご一緒させていただきましたから、その分も、床屋さんに還付で戻ります。私名義で寄付した訳ではないので、床屋さんに戻る訳です。その分も又、寄付に回して良いか と聞かれたので、一緒にお願いします とお返事をしました。


でもね。

床屋さんご夫婦、もう40年商売されていますけど、寄付金控除にはお詳しくなく、この3年間だけ、寄付金控除が出来た様に、理解されています。そのうち、通常の寄付金控除と、東日本大震災関連の特例とは違うのだ いつも寄付金控除は有るんだ と言う事を、ご説明しようと思っていますが、まだ、果たせずにいます。


これ、テレビで政府広報なんかで出ていますか?
当たり前に、皆様がご存じの事でしょうか?
そうじゃないと思います。
知らなくちゃ申請できません。

他に厄介もあって、指定団体ではないが、ある所に寄付をして、そこがまとめて、東日本大震災関連に寄付をした場合、寄付金を出した方の手元に、有効な領収書が来ていない場合があります。この様なケースでは、残念ながら、寄付金控除そのものが受けられない事があります。
地域の融資の方々が、寄付を募って、例えば、『本町1丁目有志一同』等の名前で、大きなお金を寄付したとすると、どなたかの住所地を振り込む時に、入れるでしょうから、領収書は来ますけど、その領収書使い様がありません。現実にお金を出したのは、ご町内50件で、金額は2,500,000円 等と言う大きなお金でも、個々の寄付をした方々は、控除対象になりません。


お国と言うものはそういうものです。
一々気にしていたら、こんな大きな災害時、助け合う事は出来ません。
お国がどうであれ、庶民のレベルで、助け合って行かねばならんなぁと思います。

我が家も些細なことで、妻の名で(利用者さんの通所先だったので。小さな団体で、指定団体でした。)ちょっとした金額(これは小銭です。)を、東日本大震災とは関係なく、寄付をしました。私の名前で出すと、差し障りがあるからです。そうしましたら、指定団体さんで、妻あてに領収書を下さいました。数か月して郵送されてきました。

妻は非課税ですから、(我が家は法的には夫婦でないので、税法上は別世帯です。)私には労働収入がありますから、控除対象に出来ますが、妻の名前で来た領収書は控除しようがありません。
関係ないですが、妻の医療費も、私の収入からは控除できないですけど。夫婦じゃないから。住民票上は同一世帯で、国民健康保険税の支払い義務は私に有るのに。(同一世帯に収入があるかどうか をまず見て、それで、世帯員に社会保険でない人がいると、世帯主に国民健康保年税の支払い義務が生じます。妻は法的には妻でないので、私の社会保険には入れられないから、国民健康保険になってしまうんです。)


そんなこんなで、まだまだ復興への道のりは遠いんだな と、震災一色のテレビ報道を見て、思っております。

寄付をされた方、領収書が残っていなくても、何か証明できる様な物があれば、税務署に聞いてみて下さいませんか?



阪神淡路大震災の時、国が味を占めた事があります。
『災害が起こったら、ボランティアと言う名目で、タダの労働力が大量に確保できる』と言う事です。
これ、国の災害対策の指針になっているんじゃないか と思っています。

又、ボランティアに行く方も、個人で勝手に乗りこんでも意味がない事は、かなり普及してきましたが、それでも、個人で勝手に乗りこむ人、今でもかなりおいでだそうです。
芸能人がキャラバン組んで行くのは、これは大金も、設備も、自前で行く訳ですから、構いませんが、一個人が、何の団体にも登録せず、自己満足で行っても意味がないです。

同様に、政治家も、数日、現地でボランティアをして、満足して、帰ってきている人がほとんどですが。
満足して帰って来て貰っては困ります。
現地で汗を流したなら、それを、政治に活かして、後の憂いを少しでもなくす施策をしてくれなくては、意味がないんです。


と言う私は。
身体が言う事を聞かないので、現地で足手まといになりますから行っておりませんが。
基本的には、自分のスキルをボランティアと言う形で、無償供与はしません。
現地でお困りの方、おいでと思いますが、国が味を占めた『タダの労働力。しかも、専門職』になる気がないんです。

賛否両論あるとは思いますけど。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック