bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



弁護士さんを頼みました
何が起きたんだ?と、お思いでしょうね。

争い事ではありません。管轄は家庭裁判所。妻が当事者です。妻の親族間の事で、妻は精神障害で寝たきりなので、弁護士さんに依頼したのです。

妻の地元は日帰りが出来ない場所ですから、依頼人は妻になりますし、法的に私達は夫婦では無いので、専門家に頼む事にしたのです。

最初、法テラスに問い合わせたのですが、埒が開かず、運営しているのは、法テラスをやっているのと、同じ弁護士会ですが、我が家から近い相談センターに、妻を同行して行きました。
30分5250円です。どこも同じでしょう。

問い合わせた時に、どういう案件か聞かれましたので、説明したところ、依頼人が寝たきりの精神障害者と伝えたら、比較的近い場所の弁護士さんが、当番の日に予約を入れてくれました。

それが本日。

30分ですから、依頼目的の相談ですし、妻の困り事を私が聞き取りまして、更に抜粋して、要点だけをまとめて、タイプして、持参しました。

後は、まあ家族、親族関係の困り事ですので、少し古いのですが、戸籍の全部謄本に、付票をつけたもの等、多分必要になるものを、参考に持参しました。

具合が悪いのに、月曜日だったかな?近所の喫茶店で、聞き取りをしましてね。
妻、頑張りました。3時間近く掛かったのですが、大体ですが、困るに至った経過を話してくれました。


一応、私、法律屋の息子ですが、父親は代書屋、つまり司法書士でした。今はやっていないでしょう。免許は返上したみたい。

弁護士業務は、さっぱり判りませんが、一から喋っていたら、30分はあっという間ですので、当番の方に依頼前提で、まとめて来ました、と、少し資料を出して。

結論としては、弁護士さんが事件として、扱う範疇にあるとの事。

困り事はほぼ解決する可能性が高い、と言う事でした。

妻には成年後見制度をつけていません。

ゆっくりなら判断出来ますし、成年後見制度を利用すると、公民権が剥奪されるので、選挙の投票が出来なくなります。立候補もダメです。

だから、今はつけていないんです。

頑張って貰って、聞き取りをして、更にシンプルにタイプして、資料を持参して良かったです。その場で引き受けて下さる事になりました。

30分ぴったりでした。

依頼目的で、どうしようかの相談では無い事も最初に伝えましたから、来週の金曜日に契約です。

ちと、小銭入れが幾つか空になりますが、妻の家族、親族の困り事は、やはり私にも困ります。

慰謝料だの、何だのの、金銭のトラブルでは無いので、比較的スムーズに行くと思いますが。

病人同士、ちょっと疲れました。

肝機能は下がったやら。帰宅して、二人とも、いわゆる爆睡!

困り事が片付くと良いな。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック