bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



心臓の病、続き(オフポンプとオンポンプ)
順天堂大学病院の、天野医師が、オフポンプで、天皇陛下の手術をされました。人工心肺装置を使わない=ポンプ(人工心肺)はオフですね。

誤解が出そうなので、追記。

冠動脈バイパス手術は、詳しく知りませんが、心臓そのものに、メスは入れない様に思います。

私は心臓のど真ん中を切ってます。中のダメな部分を切り取って、人工部品を縫い付けています。

オフポンプじゃ危なくて、出来ません。私はオンポンプでの手術でした。
オフポンプが良いけれど、技術がないから、安くて済むオンポンプ ではありません。
オフポンプで、失敗率100%かどうかは知りませんが、私自身も希望しません。

心臓切って、一部を切り取って、更に人工物を縫いつけるのに、オフポンプでやられたのでは、たまったものではありません。東大病院ではないですが、私が掛かり付けにしている、その病院さんは、循環器単科の大病院で、全国から患者さんがおいでになります。まあまあポピュラーな専門病院です。

オフポンプで出来る手術で、確実に効果が高い、と言う場合は、オフポンプを選択される事は、望ましい事と思います。

私の人工心肺は、130シーシーでした。今はかなり小さいもので、安全に出来ます。
中には、開胸せずに、内視鏡で穴を小さく開けて、ロボット手術の技術がある病院もあります。

技術料金は、違いがあるでしょう。高度先端医療扱いで、治療費用全額が、自費扱いになるケースもあるかも知れません。

なので。

何でもかんでも、オフポンプ手術が優れている訳ではありません。

手術と言う事柄に、100%は無いのです。


大切なのは、ご自分の主治医、入院中お世話になる、心臓血管内科医、執刀に関わる、心臓外科医の説明を良く聞き、納得して臨む事かと思います。


緊急性が低く、納得がいかないなら、セカンドオピニオンを、他院に求める事も良いでしょう。

きちんとした病院程、資料等は快く貸し出ししてくれます。

その結果、転院する、と
決めたら、お世話になった主治医の方に、ちゃんとご挨拶して、転院されて下さいね。

術後の報告も忘れずに!
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック